youtube 電話 お問い合わせ

週末婚のお相手探しのポイント~男女間での感覚の違いや別居する理由

こんにちは、東京・銀座で30年、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

今まで独り暮らしで気ままに生活してきたので、いきなり同居はお互い窮屈な思いをしないか心配。できれば『週末婚』を希望しています。結婚相談所でお相手探しは可能ですか?

シニア世代は、ご希望されるライフスタイルも様々。パートナーは欲しいけれど、一緒に生活することがご不安な方も多いようです。

これまで、『事実婚』について取り上げてまいりましたが、今回は『週末婚』について、

  • どんな人が週末婚を希望しているか?
  • 週末婚夫婦のライフスタイル
  • 週末婚で誤解されていること

このようなことをお話していきます。

『週末婚』を希望する理由

  • 気ままに過ごせる独りの時間もちゃんと確保したい
  • 今さら他人と生活できるか不安。でも独りは寂しい
  • 在宅勤務や自宅がオフィスを兼ねている男性も多い(家にいる時間が多いので、女性にずっといられると気詰まりになりそうで心配)
  • 女性も仕事を持っていて、夫の収入に頼る必要がない自立しているタイプに多い
  • 親の介護や独立予定の子供など、すぐに同居できない理由がある

このような理由を挙げられる方が男女共に多いです。

事実婚との違い

これまでブログで、事実婚のご成婚カップルを数多く取り上げてまいりましたが、週末婚は、基本的には別居生活を送り、週末などにだけ共同生活を送るスタイルです。

二人が過ごす場所は、男性の住まいや、お互いに持ち家があり、同居家族がいる場合は、新たに週末婚用の家をご用意するカップルもいらっしゃいました。

あわせてよみたい

こちらのご成婚退会記事でご紹介した50代女性様は、お子様と同居しているご自宅もあり、お相手男性は親御さんと二世帯住宅に住んでいたため、週末はお二人のための新居で過ごし、平日はお互い経営者として仕事に集中するというスタイルで、ご成婚退会されました。

過去記事:『自営業の女性が婚活する時のポイント~57歳自営女性の結婚相談所婚活体験談・ご成婚レポート

事実婚と週末婚の決定的な違いは、婚姻届。事実婚の場合は、婚姻届は提出しません。週末婚・通い婚のスタイルは、入籍はしていているものの、同じ家で暮らしておらず、一週間のうち週末だけや、週の半分を一緒に生活するなど、その夫婦の希望するライフスタイルの中で、いわば二重生活をするようなイメージです。

実は私も、週末婚スタイルです。週に2日間だけ独りで過ごし、夫は実家で父親のためにお掃除や作り置き料理などをしています。私も独りでのんびりできて、遅くまで仕事したりもできるので、気楽で合っています。

週末婚での男女間の『お金』の誤解

週末婚で女性がイメージされるのは「家賃や生活費を夫から貰える」ということです。夫婦なのでそのように想像するのも当然ではありますが、逆に、男性はお財布を別々に考えての週末婚を希望される方もいらっしゃいます。

週末婚がしたいけれど、なかなかうまくいかない…とお悩みの男性の週末婚のイメージは、どちらかというと、『共生婚』のようなイメージに近いかと感じています。それぞれのライフスタイルを優先させながら、週末にだけ食事したりパートナーとして共同生活を送るイメージなので、お財布も別で、自分と一緒にいる以外の生活は、自分で・・・と考えられている印象です。

ただ、それを良しとする女性は、よほど経済的に自立していたり、夫のお金を頼りにする必要がないタイプです。

女性からすると、お金をもらって週末だけ一緒にいて生活の心配がないということは、ありがたく都合の良い話で、男性にとっても、お金の面倒を見ずに週末だけ過ごす気ままな結婚生活は都合が良い筈です。このあたりの双方の希望が合致せずうまくいきません。

週末婚は基本的に、男性の金銭的な負担が増えるので、お金に余裕がある方じゃないと女性は週末婚に同意しないと思われます。

結婚相談所で週末婚や通い婚のお相手探しする場合は、このあたりのお金の話は、成婚退会前に必ず確認が必要です。女性:「当然(生活費)を貰えると思ってた」・:男性「自分の生活は自分でするのものでしょ」この認識のずれがないかを大切なことです。

また、週末婚で、男性の収入をあてにしても、結局損をするのは、女性でもあります。普通に一緒に生活しているよりも、男性の支出は当然多くなるので、残る資産は減ることになります。お互い週末婚にするやむを得ない事情や、一年・二年など期間が限定されている上での状況なら事実婚という選択ももちろんありですが、「気楽に週末婚して、男性からも生活に十分なお金がもらえる」と考えるのは、むしの良い話だとも思います。

63歳会社経営男性が事実婚を希望する理由

以前、カウンセリングした男性様も、『週末婚希望』とのことでした。聞くと、他社の結婚相談所にカウンセリングを受けて、「普通の結婚相手探ししかできない」と入会をお断りされてしまったようで、「結婚相談所では、自分のような希望に合った人を見つけるのは無理なのか?」と落ち込んでいらっしゃったようです。ご自身も10年近く婚活アプリでお相手探しをしていたそうで、上手くいかなかった経緯もありました。

月に5000円弱の利用料も10年近くと考えると、50万越え・・・お金も時間ももったいないですよ

なぜ週末婚を希望されるか?について、お話をすすめていくと、こちらの男性様も、自宅兼事務所として、仕事をされているので、女性にずっといられるとお互い窮屈なのではないか?など不安なご様子でした。専業主婦ではなく仕事をされてる女性でしたら、その心配も柔軟にクリアできそうな印象です。

また週末婚の際の生活費についてのお話もありました。具体的に10~20万円くらいで考えていらっしゃったり、どんなお相手が合致するのかをご本人が認識していくのも、今後の課題です。

同じようなライフスタイルをご希望される女性のプロフィールや、事実婚カップルを含め、ご成婚退会された方々のプロフィールをご参考に、今後の婚活についてのご提案をさせていただきました。プロフィールの作りこみ方もポイントです。

またブログにて、成婚報告が近いうちにできますと嬉しいです。

その他:週末婚についての記事は、こちらからご覧いただけます。ご成婚体験談などもぜひご参考ください。:『週末婚についての関連記事

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ