営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2017.01.07 勝ち組のお見合い必勝法(45)→♂婚活男性必読ブログ(72)→♀婚活女性必読ブログ(71)

実録!お見合いの時にガッカリしたこと

 

結婚相談所でのお見合いというのは、事前にプロフィールを見てお互いに「会いたいな」と思った人同士が、結婚を考えられるパートナーになりえるか見合う、ということ。

このブログでもお見合いの時のマナーや必勝法など度々紹介しています♪

(※カテゴリ:お見合い必勝法の記事はこちら

今日は実際にあった、お見合いの時に男性・女性が「えー!?」とびっくりしたり、がっかりしたポイントを挙げていきますね。

 

1.待ち合わせはホテルのラウンジなのに「高いから」と安い喫茶店に移動された。

お見合いって例えば新宿だったら京王プラザとかワシントンホテルなど、東京だったら丸の内ホテルやステーションホテルとかホテルでの待ち合わせがほとんどで、そのままラウンジでお茶をします。

お茶代は男性負担というのが現在のルールです。

(もう私、これ割り勘でもいいんじゃないかと思うんですけど、そうすると女性は気軽にお見合いをしようとはならなくなるかもしれません。)

そしていざお会いしてラウンジへ・・・という場面で、混雑して座れないとかそういう理由じゃなく、「高いから」という理由で、移動を提案してファミレスやドトールみたいなところでお見合いだった・・・

 

たまーーーーーに聞きます!

「あぁこの人はお金にケチな人なんだな」

「私はここでお茶をごちそうするまでもないのね」

こんなふうに思われてももうしょうがないですよ(^_^;)

doobox0 / Pixabay

 

2.帰り際に「ワンコインください」

お見合いの時に、お話も弾み、女性も「いい人だしまた会ってもいいな」と思えた。

なのに、お別れする際に男性からまさかの「ワンコインください」という声。男性がその女性を気に入らずお断りならまだ分かるんですが・・・男性は再会希望だったのが、もう本当に惜しい!

【500円をケチったばかりに気に入った女性とのデートを逃した残念な男】になってしまった・・・。

「よっぽどケチな人なんだ・・・」

初対面の大事な別れ際、そこで頑張らなくてどこで頑張る!?

 

あぁ・・・ここまでお金の話しか出てないですね。(^_^;)

 

3.亡くなった元妻の写真を持ってきて泣き出した。

以前、こんなブログを書きました。

パートナーに先立たれた人が婚活する場合&そういう人とお見合い・交際する人が心がけてほしいこと

もうこれは論外。元妻を愛してたのは分かるけど婚活しているわけでこうやってお見合いしているんですから・・・これでは新しいパートナーを探したい気持ちが相手に伝わらないですよね。

「私の入る隙はない」

「この人は誰か新しいパートナーを探さなきゃという義務感で動いてるだけなのね」

こんなふうに思われても無理はありません。

死別して婚活してた人で私があっぱれ!と思ったのは、思い出の写真などをすべてデータ化し、PCに保管し、いつ新たなパートナーがきてもいいようにきちんと準備していた人がいました。仏壇などはそのままでもいいのです。

そこは今じゃなくていい、相手も思いやってくれるはずですし、むしろ配慮してくれる相手じゃないと・・・ですよね。

こういう気概がやはり大事です。

Alexas_Fotos / Pixabay

4.いつの写真だよ!というくらい別人がきた。

 

これ男性も女性も。女性の方がいい写真を!とヘアメイクをしたりお金をかけてとスタジオで撮影してる分、ギャップがある人が多いかもしれません。

女性は男性のプロフィールで、年収や家族構成・資産あど細かくいろんなところを見ますよね。

でも男性は正直、女性の写真の印象しか見ていないですからね。そこに+αで年齢や住まいなどがついてくる感じ。

だから女性が気合をいれて写真を撮るのは当然です。

でも待ち合わせしても本人だと分からないレベルのパネマジ(パネルマジック)写真はNG。

男性はキャバクラなどの女の子がいる店でそういう思いをすでに幾度となく経験している可能性もあります!(笑)

ただ、ここでがっかりさせてしまう人のほとんどは、実は自分のお見合いに臨む姿勢なんです。

写真の自分に近い状態をできるだけ作り、お見合いに臨むという努力をしていなかったという点だと思います。

お互いに写真の人が来ると思ってお見合いに出かけます。

例えば、男性なんて、お見合い写真の女性のヘアスタイルがポニーテールで、会った時は髪をおろしてるだけでもわからなかったりするんですよ。

口紅さえ 塗ってりゃ すっぴん気づかれず /立花 えりこ

という句もあるように(そんな句はない)細かいところを見ている男性は少数なのです。

なんか文章めちゃくちゃですけど、自分の写真のイメージにできるだけ近づけてお見合いへ行きましょう(笑)

 

5.番外編:立会の仲人がいつまでたっても帰らない。

(この人・・・いつ退席するんだろう・・・?)と頭の中がずっと「?」でするお見合い。

まわりからは【モロお見合い】ってバレバレでなんだか恥ずかしいし落ち着かない時間を過ごす羽目に・・・

盛り上げてくれるんだろうけど仲人ばかりが終始しゃべりまくりの2時間弱でお互いうまく打ち解けることもできず、ということもありました。

 

============

いかがでしたでしょうか?

「ありえない~!」なんて思いながら読む人、

「いたいた!こんな人!!」と共感する人、

自分に思い当たる節が・・・・ある人・・・・

ぜひご参考にしていただければと思います:)

それではまた♪

 

 

 

Tags

お見合いがっかりタブー