youtube 電話 お問い合わせ

中高年シニア世代だからこそ分かる性生活・性事情~男女の違い

こんにちは。銀座の結婚相談所Bゼルムの婚活アドバイザー立花です。

※今回のブログは性的な話題とあり、非常にセンシティブな内容となっております。上品とはいい難い表現もありますので、いやな気持ちになりそうな方、あと男性はそっ閉じをおすすめします。

50代・60代のシニア世代だからこそ分かる、禁断の下半身事情にふれていきたいと思います。

中高年シニア世代の男性の性事情

定年を勤め上げ退職され、それまで現役でお仕事に追われた日々から解放された60代以降の中高年男性は、現在どんなお気持ちでしょうか。とても自由な気持ちで、お子さんがいらっしゃる方はお子さんも独立され、さらに開放感や達成感、第二の人生へのスタートという期待感もおありなのではないでしょうか。

お仕事などのストレスによる男性ホルモンの低下を防ぐことができますし、これまでと違って、好きなことが好きなだけ出来ると考えれば、自然と気力もアップして元気になります。

60代男性は、例え肉体的にはもちろん若い頃とは違い、衰えたと感じる部分はあっても精神的にはお元気です。ただし、こんなふうに女性にお話されるシニア世代の男性もいらっしゃいます。

「僕はあっちの方もまだまだ現役で元気だから、同世代の女性だと嫌がられるの。だから若い女性がいいんだよ。」

性的にまだまだスキンシップを求めたいとお考えのシニア世代の男性も多くいらっしゃいます。

一方中高年シニア世代の女性の性事情は…?

更年期を迎えると女性はだんだんと、お肌のうるおいを保つエストロゲン(女性ホルモンの一種)が減少して、下半身の潤いも低下してしまいますし、肉体的な快楽よりも精神的に癒やされたい・ほっとしたいという気持ちが強くなるので、下ネタばかり話すスケベな印象の男性を見たら、過剰に拒絶反応を示してしまいます。精神的にも、肉体的にも男性を受け入れがたくなります。

長年連れ添った夫婦なら、自然とベッドの回数も減ってくるものとも思います。でもパートナー探しをしている婚活中のシニア世代は、そうはいきません。それに、ご自身を大切にしてくれるパートナーを見つけられたら、男性の気持ちに応えたい、心も体も結ばれたい!という気持ちはいくつになってもあると思います。

シニア女性は男性に応えるために
性生活はどう対策したらいい?

結婚相談所を成婚退会された方から、「どうしたらいいんでしょう・・・」ベッド事情について、時々相談をいただきます。日々の生活の中で十分な睡眠をとったり、バランスのとれたお食事や、女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを意識的に摂取したり、プラセンタも継続できる値段で注射することもできます!

ワークアウトや何でもいいので、自分なりにリフレッシュできるものを見つけたり、継続的なケアはもちろんのこと。そのあたりは女のたしなみとして当たり前だと思いましょう。

そもそも男性に女性として見られなかったら、やはり婚活は成功しません。それでも、いざキックオフ!(表現が下世話)の時に痛い・・・お相手をがっかりさせる気がして不安・・・など心配な人は、潤滑ゼリーをおすすめしています。

ドラッグストアで簡単に買えますし、購入すること自体恥ずかしいことでもありません。 パールルールなんかは必ずドラッグストアにあるんじゃないでしょうか。わりと定番です。

K-Y ルブリケーティングゼリーは、少し味が甘いです。おすすめは使い切りタイプで、手を汚さないで済むタンポン式で、ウェットトラストというメーカーが製造しています。楽天やamazonでお求めになるとよろしいかと思います。

一応貼っておきますね。

ポイント10倍 おまけ付き♪ ウェットトラストゴールド 10本入り 10本セット 潤滑ゼリー 潤滑ローション インクリア ウェットトラストジャパン ウェットトラストプロ

必要な方はトイレや洗面所においてご準備されてからのぞみましょう。

シニア世代だからこそと性生活もポジティブに

もう妊娠する心配はないし、子供を望んでいるわけではないから思う存分楽しめると、ポジティブな気持ちで好きな人と愛情確認しあえますし、女性はいつまで若々しく女性らしさを意識し続けていられると思います。スキンシップは大切です。

  • 「成婚退会したはいいものの、一緒に暮らしだして、彼女は仕事から帰って寝るだけで家のこともほとんどしない。」
  • 「これでイチャイチャがあればまだ自分もいいけど、そういうのも嫌がってこれじゃただうちに引っ越してきただけの同居だ!」

このような原因で別れてしまったカップルも過去にいらっしゃいました。

違いを楽しみ上手にすり合わせをして仲良く生活

いかがでしたでしょうか?シニア世代のカップルにも性に対する不一致があって、男性の求めるスキンシップを女性が拒むとお互いの関係がぎくしゃくしてしまう傾向はございます。「子供がいるから、子供のために我慢しよう」とならないのが、熟年シニア婚活の末の結婚生活。

その年齢になって、他人と一緒に新たに暮らすわけですから、実際に生活してみるといい意味でも悪い意味でも驚く事もたくさんあるでしょう。違いを楽しみ、お互いに譲り合い、話し合い、うまくすり合わせをして、仲良く生活をしていっていただきたいです。

性生活に関しても、無理に受け入れて我慢してストレスをためるようなことはしてほしくないですが、好きなお相手に気持ちよくなってほしいとかお互いに大切に思える時間にしてほしいものです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ