youtube 電話 お問い合わせ

【50代からの中高年シニア婚活】親か子供と同居希望の男性はこんな女性が合う

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

「親もしくは子供と同居希望」という男性の婚活、今時の女性には特にハードルが高い条件だと思います。

特に50代以降の中高年・熟年シニア世代の婚活では、親は高齢、再婚の方は高校生とか大学生くらいのお子さんか、もう成人して独立しているお子さんがいる方がご年齢的に多いです。

お互いもういい年齢で、すっかり大人の熟年結婚。「身軽な男性と出会い、気楽に楽しく過ごしたい」というのは、多くの中高年シニア世代でパートナーを望む女性が普通に思うことです。

でも、同居希望でもパートナーが欲しい!親や子供とできれば一緒にいたい!そんな優しい男性はどのように婚活したらいいでしょう?

同居希望の男性に対して婚活女性が思うこと

◆「親」と同居希望という男性に対して

  • 「気を遣って過ごさなきゃいけなさそう」
  • 「旦那さんが仕事に行っている間は姑(舅)といることになりそう。堅苦しい」
  • 「新婚気分を味わえないんじゃない?」
  • 「食事の用意など、気を遣わなきゃいけないイメージ」
  • 「寝たきりになったりしたら、嫁の私がやっぱり面倒を見ることになるだろうから、負担になりそう。」

◆「子供」と同居希望という男性に対して

  • 「年頃の子供と同居してお互いに気を遣うんじゃないか」
  • 「食事を用意したり・・・家政婦みたいな感じがしてしまいそう」
  • 「学生だったらまだまだ学費などお金もかかるよね。。。」
  • 「生活時間のズレがストレスになりそう」

などなど、イメージ的には「なんとなく、めんどくさそう」という理由で、避けられてしまいがちです。結婚後の同居があり、という男性も、それが結婚相手探しのネックになってるという自覚はあることと思います。

結婚後の同居がありのシニア婚活男性に実は合っている女性のタイプ

  • 前夫とは死別。遺族年金ももらっていて、持ち家もあり、経済的に自立している女性。入籍についても、時間をかけ余裕を持ってお付き合いできるパートナーを探している方。
  • 子供が学生なので、成人して独立するまでは入籍は考えていないという女性。でも子供が独立してから相手探しをしたのでは、自分も年をとってしまうし、今のうちにパートナーを見つけておきたいというお気持ちの方。
  • 今は介護中の親と同居している。できれば親を看取ってから結婚したいと思っている方。

シニア婚活ブームの今、こんな女性がとっても増えています。先ほど挙げた女性の共通点は、入籍を急がない、というところです。

しばらくは通い婚、別居婚みたいな、3年後・5年後・・・いつになるかわからないけれど、お互いのタイミングで入籍して一緒に暮らしたいというスタンスの方です。私が担当する中高年・熟年シニア世代の女性会員様の3分の1は、このような考えをお持ちです。

中高年・熟年シニア世代の婚活に至っては、結婚相談所=すぐに結婚したい人しかいない場所ではありません。あえて身軽ではないお相手を探し、お互い人生のパートナーとして、時間をかけて気持ちを温めながらお付き合いして絆を深めていくのも、選択肢の1つとして

どういう女性が「結婚後の同居」に寛容なのか?

中高年シニア世代の婚活女性にとって、男性側の結婚後の同居希望は、ハードルが高く、できれば避けたい条件であることには変わりはありません。

そんな中でどんな女性のタイプが、そんな同居の条件を受け入れてくれるかというと、「結婚を急いでいない女性」です。

単純に、親の場合は、高齢なので何年か付き合ってたらそのうち死んでしまっていなくなる。子供の場合は、独立して親としての責務をまっとうして身軽になる。それを「待てる女性」を見つけることが、結婚後の同居希望の男性の婚活成功の近道でもあります。

もともと入籍や同居をすぐに求めていないので、相手の親や子供の存在が、負担の対象にならないんです。それに加えて、女性もお仕事を持っていたり、遺族年金や遺産で生活していたり、経済的に自立していて、男性に頼らずとも安定しているということが重要です。

「仕事を辞めて専業主婦になりたい」「一人だとこれからの生活が不安だし、共働きで生活したい」という女性の多くは、自然と入籍を希望されます。

あとは少数派として普通に、「相手家族の同居は気にしない。OK!」という女性も、いらっしゃいます。

結婚後の同居希望の男性も実は・・・・

結婚相談所Bゼルムには20代~70代まで様々な世代の会員様が婚活していて、在籍している会員様の平均年齢が52歳です。入籍について急がない・余裕をもって慎重にすすめていきたいという男女の会員様・ある程度、時間が経過しないと入籍ができない事情がある方については、【入籍についてのスタンス】をわかりやすく会員プロフィールに、書くようにしています。

そうすると・・・プロフィールには【同居希望】と書いてある男性でも、「はじめまして。私も同居・入籍は余裕を持って考えていける方とのお付き合いを希望しています。」なんて個別にコメントがついている申込みが実際に多いです!そしてお見合いが成立するわけです。お互い子供の年齢が近かったり、環境が似ていたり、実は共通点が多かったりしてうまくいきます。

プロフィールに記載されている同居の件がネックになっているのでしょう。男性は数少ないお見合いのチャンスを大切にしますし、女性に一生懸命アプローチしてくれます。そこに女性の気持ちがうまくマッチすると・・・・・・♡

「結婚後の同居希望」で婚活して成婚した方のお見合い婚活体験談もご参考に

親や子供と同居がある方の結婚相談所の婚活成功体験談もぜひお読みください。

あわせてよみたい


「結婚後も家族との同居を希望してるから、自分は結婚なんて難しいのかな・・・」と考えている男性にふさわしい婚活の方法はちゃんとあります。

それぞれが抱えている現実的なご事情があり、お相手へのニーズが多様化している50代からの婚活、より個別性の高いサポートが必要となります。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。今日もこのブログにお立ち寄りくださりありがとうございました。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ