youtube 電話 お問い合わせ

結婚相談所のよくある質問~お見合い婚活の【交際期間3ヶ月】

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

だんだんと春らしくなったといってもまだまだ寒い・・・!黒いタイツはいつ脱げばいいの?スプリングコートもまだ寒い!花粉症の人はとってもつらそう・・・でも春は春です!出会いの季節、結婚相談所も、冬から春に変わるこの季節は、新年度ということで、ご入会するお客様も増えます。

さて、結婚相談所のカウンセリングの時に、お見合い婚活は基本的に【交際期間3ヶ月】について、よく聞かれることがあります。

「交際期間が3ヶ月なんて、結論が出るわけない」

「交際期間が短すぎる」

「3ヶ月後に入籍するの?」

1日3人カウンセリングをしたら、3回は同じ質問を聞くくらいよくある質問です。

今日は、交際期間3ヶ月について、お話したいと思います。

「交際期間が3ヶ月なんて、結論が出るわけない」

まだ、結婚相談所に入会する前は、当然そう思われる方も多いですが、普通のお付き合いだったら、少しずつ知っていく現実的な条件部分をクリアして、お見合いが成立している、婚活中のお二人の交際です。

2、3回デートするまでに、結婚相手としてお相手を見られるか見られないかは、ご判断できると思います。そして、4,5回目のデートで、仮交際中から、真剣交際・本交際になり、より進展した結婚前提のお付き合いをするような流れになります。

お互い「この人をパートナーとして寄り添っていきたい」という結論が出た時が成婚です。

遠距離カップルは、なかなかお会いする機会が物理的に持てず、3ヶ月ではもちろん結論は出ない場合も多いです。ブライダルゼルムの会員様には、関東だけでなく、東北や関西だけじゃなく、海外など、遠方にお住まいの会員様もいらっしゃいます。

この場合、進展していきたいという気持ちがお互いに見られなかったらダラダラと交際しても、会員期間はすぐ過ぎてってしまいますので、時間の無駄になりかねません。

過去記事:お見合いで出会って交際期間3ヶ月以上経過してもぐずぐず

ですが、基本3ヶ月、例外もあり、という風にお考えいただければ幸いです。

「交際期間が短すぎる」

3ヶ月という期間だけ先に聞いてしまうので、この段階では出会ってもいないお相手に対して、現実味がない感覚になってしまうんだと思います。

実際は、もっと短い交際期間で成婚になるカップルも多いです。

「3ヶ月後に入籍するの?」

成婚届=婚姻届けではありません。

結婚相談所でパートナーと出会えた方は、結婚相談所を成婚退会してから、親に紹介したり新居を探したり、結婚相談所の手を離れて、婚約者と結婚準備をしていきます。入籍は半年後くらい、お式をするとなるとそれなりの準備期間が必要になるので、1年はあっというまにかかります。

そこが人生で1番楽しいとされる時期、婚約期間です(笑)なので成婚=即入籍ではありません。

それに中高年・熟年シニア世代の婚活は、入籍に関して余裕を持ってお付き合いしていきたいというお考えの方も多いですし、「もう結婚相談所を通さず、二人でやっていくので、成婚退会します」というケースもあります。

真面目なタイプほど、規約やガイドラインについて、【交際期間3ヶ月】を意識しすぎて、お相手の感情が自分にむいてくる前にあれこれ確認して、ご縁の芽をつぶしてしまったりしがちです。

まずはお互いの気持ちを育てて、結婚に向けたお付き合いを意識して交際を続けていくこと。

そしたら自然と3ヶ月後には結論は出ていることが多いですよ♪こちらもぜひご参考になさってください♪

過去記事:お見合いから成婚までいくカップルの共通点

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ