youtube 電話 お問い合わせ

高齢の親が子供の再婚に反対する理由~50代女性の成婚体験談

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

お花見シーズン到来ですね!ブライダルゼルムでは50代以上の男女を対象にしたお花見バスツアーを4月23日に企画していまして、私もとても楽しみです(^^♪

昨日、お花をいただきました。

以前、ブライダルゼルムのお見合いサービスにて婚活成功し、ご成婚退会された50代女性がご挨拶に来てくださいました。

お花をあげる立場なのに逆にいただいてしまって・・・恐悦至極!感激です!
お花をもらうってうれしいですね(*^^*)

 

こちらの成婚体験談の女性会員様です(57歳・東京在住・自営業)

中高年・熟年シニア世代の婚活ならではの、成婚後の2人の生活の流れや親の反対など、ご参考になるお話も聞くことができましたのでご紹介していきますね。

高齢の親が再婚に反対する理由

私共がお預かりしている会員様方の多くは、ご年代的に80代や90代の後期高齢者の親を持つ50代60代の男女です。

ちょっとケガをしたらそのまま寝たきりになり介護が必要になる心配があったり、ご年齢的に健康についてセンシティブになってしまう世代です。

私の祖母もそうでした。「長生きしたくない」と言うわりに、ちょっと具合悪い気がしたら、すぐ病院に行きたいと言ったり、健康に関してものすごく神経質で、些細な変化も気にして生活していました。

そんな親御さんに、結婚することを伝えた時に、実際に反対されることもあるようです。

現在は健康でも、「子供が嫁に行ったら、自分たちが何かあった時に、介護したりしてくれなくなってしまうのではないか」「ないがしろにされてしまうのではないか」と不安になってしまうのでしょう。

結婚に対する価値観も古い世代

ご年齢的にも「結婚は一度しかしないもの」「2回も結婚なんて恥ずかしい」と、結婚についての価値観も古く、昔の考え方をされる親御さんが当然多いです。

今回、ご成婚退会された女性様も、90代の親がいらっしゃり、彼女が再婚したいと伝えた時、上記に挙げたような反応をされたようでした。

私「まあ・・・でも今90代ということは、(亡くなるまで)5年10年以内の話ですからね。親はいつか死んでしまうものですし、親がパートナーになってくれるわけでもないですからね。お相手の男性の親もいて、自分たちもいて・・・という状況を心配しているのもあるけれど、本当に幸せそうに生活しているが分かったら反対なんかできないですよね」

彼女「本当そうですよね。急に心配しだしちゃって(笑)」

今、現在介護中の親がいる・・・という婚活中の方、大切ではあるけれど、親の存在が婚活の障害になっている方も多いです。

中高年・熟年シニア世代の婚活、残りの20年30年の人生、自分の人生・幸せ・居心地を一番に考えてほしいですね!

「親のそばにいたいので住まいは近所で、実家から通いやすい人と出会いたい」こんな希望条件の方もいらっしゃいます。結婚相談所の婚活は、地域で検索ができる分、より効率よくお相手探しが可能です。

シニア婚活は【家族状況】も重要なポイント

◆シニア婚活夫婦「苦労や我慢をせずに過ごせる相手と楽しく過ごしていきたい」

親がすでに他界している・介護施設に入ってる場合、結婚しても相手側の負担にならないので、=身軽であるといえます。

男性の場合、女性からみてこれは高得点。がっつり介護とまではいかなくても、経済的な負担だったり面倒なお世話の心配をせずにすむということはシニア婚活女性にとって魅力的です。

できればシニア婚活女性は、親がいない男性を見つけたいものなのです。

20代や30代の夫婦は「これからの人生、どんな苦労もこれから2人で乗り越えて幸せに過ごしていきたい」という2人。シニア婚活夫婦は「お互い苦労我慢をせずに過ごせる相手と楽しく過ごしていきたい」なのです(笑)

今さら苦労なんてしたくない!それが自然なことだと思います。そういう相手(=苦労や我慢をせずに過ごせる相手)の最低ラインはどんなタイプなんだろう?というのを、数あるお見合いプロフィールからお相手探ししていきます。

結婚相談所側は年収や持ち家があるかどうかなど、書面で証明できますが、価値観だったりフィーリング・相性が合うかどうか、こればかりはお見合いして実際に相手とお会いしてみないとわからないですネ。

「会ってみたい」「会ってもいいな」と思える条件の最低ラインを探っていく・・・これが結婚相談所での婚活の最初の段階ですることです。

50代自営女性、結婚相談所で成婚してからのその後のストーリー

1月に成婚退会した女性です。合羽橋に新居グッズを買いにいく途中でお立ち寄りくださいました。(うらやましい!!)

現在はお相手男性様がマンションを購入し、週2、3回そこで過ごし、それぞれお互い家で子供と生活しています。入籍はまだ。

経済的に自立してる女性ほど、入籍についてはこだわりない人が多いですネ。お相手男性のお子さんが独立してから・・・と余裕を持ってお考えのようです。

「私も彼も忙しく仕事をしているので、週2、3回過ごす別宅というのはすごく自分にとって(なんて素敵なの♡)って感じでした。今、子供と暮らしててその生活も気楽でもありますし、かえって一緒に過ごす時間を大切にできてる感じもします」とのこと。

お幸せそうで安心しました。

いかがでしたでしょうか?

ブライダルゼルムが加盟している連盟は、IBJ(約60000人)、NNR(約20000人)良縁ネット(約20000人)です。
その中の女性は、自営業で現役でお仕事をされている女性もたくさんいらっしゃって、皆さん婚活頑張っています。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。今日もこのブログにお立ち寄りくださりありがとうございました♡

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ