youtube 電話 お問い合わせ

【婚活成功の秘訣】自分が「お断り」される理由を見つける

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です♪

春ですね~桜はもう見頃は過ぎてしまいましたけど、4月は結婚相談所の入会者や、お見合いパーティーの予約もにぎやかです♪

新年度になりました。今、結婚相談所で婚活中!という方は、改めてご自身の婚活の仕方を見直していきましょう
結婚相談所での婚活には4つのハードルがあることはこのブログでも度々お伝えしていますが、

  • ①お見合いがなかなかできない人
  • ②お見合いして断られてしまう人
  • ③2、3回デートするまでに交際終了になってしまう人
  • ④お付き合いが進展していき恋人関係になり結論を出す段階で成婚までまとまらない人

この4つに分かれます。人によってどの段階で婚活が苦戦するかはそれぞれ違いますので、どの部分で、私たちのサポートが強く必要な方なのかを婚活中に見つけていくのも、婚活アドバイザーの仕事です。

今日は②と③の【お見合い】と【交際】について。
②と③の部分でなかなか進展していかない方は、ご自身がお断りされた理由を聞いたことはございますか?

もちろん【たまたま相性が悪かった・フィーリングが合わなかった】だけの場合もございます。お見合い相手が自分に対してどんな印象を持ったか、自分のどんなところが恋愛・結婚まで進むのは難しいと感じたのか、
それが毎回同じ理由だったら・・・?

お見合い相手からのお断りの理由に気付けるのは結婚相談所の婚活ならでは

TeroVesalainen / Pixabay

色々な会員様の婚活をお世話してきて、「この人はいつも同じ理由でお相手からお断りされてしまっているなぁ・・・」と感じることがあります。

【たまたま】お相手との相性が悪くお断り、ということならば特に気にすることはないのですが、毎回同じお断り理由が続くということに注目することが大切です。

よくある理由としては例えば、

  • 「緊張しているのか、笑顔がなく暗い印象で、断られるとあちらが逆に思っていた」
  • 「私服のセンスが奇抜すぎて一緒にいるのが恥ずかしいレベル」
  • 「デートの時にお酒を飲んで酔っぱらって、お相手に引かれる」
  • 「まだそんなに親しくもないのに連絡頻度が多すぎる」
  • 「すけべなことばっかり言う」
  • 「ケチな人だとお相手が感じてしまった」
  • 「元パートナーの話や他のお見合い相手や自分の婚活の話をされて引いた」
  • 「プロフィール写真と実物がだいぶ違う」

このあたりがよく聞く理由です。

お断り理由をうかがえた場合は、今後の参考までにお伝えしています。【お断りの理由】を知る、というのは婚活する上で自分が成長できる、大切なことだと思います。そこを改善することができれば、同じ理由でお断りされることを繰り返さずに済むし、意識的に気を付けることができますから。

なぜお相手から断られたかを知ることができる】これって結婚相談所で婚活しているからこそ、です。
ネット婚活やお見合いパーティーのように単独で婚活している場合、なんでそのご縁がダメになったのか理由を知ることは、むずかしい事だと思います。

【気づくこと、知ることができる】結婚相談所で婚活するメリットの1つとして、特に②と③の、お見合いや交際についてのサポートを希望している方の場合は結婚相談所での婚活がベストではないでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

婚活中の方、これから婚活するぞ!という方、ぜひお気軽にカウンセリングにお越しください♪

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ