youtube 電話 お問い合わせ

中高年・シニア婚活女性が狙うは小金持ちとの結婚が幸せの近道

こんにちは、東京・銀座で26年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

「私は元夫が医師だったから、再婚するならそれくらいハイステータスなレベルの男性じゃないと価値観が合わないの~!」

「裕福な家で育ったので、生活レベルが同じ環境で育ったような人がいい」

「年収1000万以上の男性」

のような、お相手男性へ条件をご希望される50代60代婚活女性は後を絶ちません。(白目)

【中高年・熟年世代のシニア婚活】についての取材を受けている時に、ほぼ100%聞かれる「シニア世代の婚活は、結婚相手に何を求めるか」というご質問。

私は「中高年世代の男性は癒し。パートナーとの楽しく温かい時間」という大変きれいな回答をして、次に「女性は経済力。」と答えます…。(合掌…)

そんなシビアで現実的な中高年・熟年世代のシニア婚活女性ですが、実は現実が見えていない部分もあります。

例えば、 人生大逆転!を夢見て、 お相手男性の年収や肩書に惹かれて、ハイステータスな男性との結婚=婚活→運よく結婚した結果、こんなはずじゃなかった…なんてことも。

高収入に惹かれて、お見合い結婚したものの・・・

  • 妻という名目の家政婦になっている。
  • 相続問題で揉めるだろうということを想定されて、遺留分放棄の書類を書かされた。つまり夫の死後、再婚相手の妻には何も残さない・残してもらえないということが分かった。
  • 相手の生活時間のペースに合わせるライフスタイルになりがち。
  • 会社経営者の妻であったら、従業員の気配りや妻としてのサポートが必須。(大会社の社長だったら秘書がやるんでしょうけど、中小企業だったら特に)
  • 自宅に来客が頻繁にあったり、おもてなしをする機会が多い。
  • 高収入なわりにケチで窮屈な思いをしている。

常々、中高年・熟年シニア世代の婚活は、若い人と違って「どんな苦労をも2人で乗り越える」というスタンスではなく「もう苦労せずにすむパートナーと楽しく過ごしたい」というお相手探し。ということはこのブログ内でもよく書いています。

高収入なハイステータス男性とのシニア婚は、もしかしたら、生活には困らない。経済的に余裕はあっても、気楽さはなくなるかもしれません。

それは本当に50代・60代のシニア世代にとって幸せといえるのでしょうか?

ハイステータス男性との婚活を見直して幸せをつかんだ50代女性

Albatros67 / Pixabay

「私ほんと、いい男性つかまえました~」とおっしゃった50代女性様は、つい先日、結婚相談所ブライダルゼルムでご成婚したばかり。

彼女はいわゆる【美しく年齢を重ねた50代女性】で上品で女性らしい方でした。

この女性も結婚相談所にご入会当初は、やはり高収入男性を希望していました。私自身もセレブ妻にふさわしいタイプだとも思いました。

数々のハイステータスシニア男性とお見合いを繰り返した彼女の感想・・・

  • 「条件のいい男性は、お見合いが途切れずコンスタントに出会いがあるので、こっちが頑張らないと一生懸命アプローチしてくる、ということは、なかなかない」
  • 「自己中なタイプが多いかも・・・」
  • 「高収入だからって、自分が誘えば簡単にお泊りすると思ってるの?」
  • 「本当に真剣に結婚相手を探してるのか疑問に感じるようなお見合い相手もいた」
  • 「きっと何年も長い間、結婚相談所に登録しているんだろうな」
  • 「プロフィールに記載されてる年収、本当にもらってるの?ケチくさい」
  • 「いくらお金持ちとはいえ、おじいさんすぎる」
  • 「自慢話が多い。自分の話を聞いてくれる人が欲しいだけなんだろうな」

こんなふうに感じることが多かったんですって。

これ、今ハイステータス男性をターゲットに婚活している50代60代のシニア婚活女性が、過去にお見合い相手に感じた印象をすべて表しているのでは…と思います。

個人的には【気楽に楽しく暮らせるハイステータス男性】との結婚なんて、その男性自身がもし一癖あるタイプでも今までの生き方を変えて、尽くしたくなるような女性と出会ってしまった以外、相当難しいのでは、と思います。

過去に、ハイステータス男性とお見合い結婚して幸せに生活している50代60代女性も沢山いらっしゃいます。

四季折々、お便りをLINEやメールでくださるのですが、最初からハイステータスな男性を狙って婚活していたわけではなかったようなタイプの女性が多かったんですよね。結果、ハイステータス男性と決まっちゃいました!みたいな。

それだけ難しいハイステータス男性とのシニア婚活、結婚しても面倒な点、危惧する点も多そうです。

ただでさえ、シニア婚活は簡単ではないイメージをお持ちだと思いますし、それがハイステータス男性との結婚となると、女性側の容姿や魅力によるところも大きいですし、成功率は低いと思います。

そんなお相手探しをするよりも、私は、この50代女性も最終的におさまった小金持ちとの結婚をすすめます。

シニア婚活、「小金持ち」って男性が人気

WorldSpectrum / Pixabay

そもそも「小金持ち男性」って?

  • 結婚後、我慢や節約をしなくてもいいレベル。でも普段は特別、贅沢・派手な生活をしているわけではない。
  • ケチではない。
  • お金を遣うTPOをちゃんとわきまえている。記念日や誕生日には素敵なレストランで食事・プレゼントなど、ポイントはきちんとおさえてくれる。
  • 収入でいうと、年収700万~800万
  • ちゃんと資産がある。

こんな感じ。

この条件になおかつ「初婚」が加わると、50代や60代で結婚が決まった息子なわけですから、親御さんからも祝福され大喜びしてくれて居心地の悪い思いをすることもなかったり、といううれしいことも。

急にこの小金持ちラインにシフトチェンジしたら、すぐに成婚が決まったなんていう女性も多いです。

結婚相談所のお見合いは、プロフィールから入る分、ついつい目先の年収にこだわったりしてしまいがちな女性も多いです。

60代女性は特に。もう現役引退して年金生活の男性の中にもハイステータス男性は存在するんです・・・。

私は中高年・熟年世代の女性の婚活、早期で成婚したいならこういう、受け入れ態勢ばっちりな小金持ち男性を見つけた方が幸せの近道だと思います。

お金はないより、ある方がいいですネ。

でもシニア世代の結婚、子供を育てるわけはないのに、そんなにお金、必要ですか?年収や肩書にとらわれて、結婚後も窮屈な思いをするよりも、安定した生活で気楽な老後を過ぎしたほうが幸せではないでしょうか。。

50代・60代で結婚相談所で婚活中という方、ハイステータス男性とのお見合いがなかなか成立しない、と悩んでいる方。

本当にその年収が妥当なのか考えてみましょう。

男性の年収や肩書・ハイステータスにこだわって、婚活の幅を狭めていたり、案外、ご自分が見向きもしていなかったところに本当の幸せがあるかもしれませんよ。

同じようなお気持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください。結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ