営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2018.11.26 お見合い→交際中の人が読むブログ(47)結婚相談所で結婚を目指す!(256)→♂婚活男性必読ブログ(97)

婚活は男性の方が有利!交際がうまくいかない共通点

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所で26年目、Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。

婚活パーティーにお見合いにカウンセリングに、婚活パーティー印象UPセミナーに、なんとも忙しい3連休でした。
「来年こそ、結婚するぞ!」って思っている人は、11月12月に結婚相談所へ入会します。
(みんな年末年始は婚活プロフィールを見る時間がたっぷりあるからね!)

1月に鼻息荒く、入会しても、お見合いの申し込みして日程調整していたりしたら、最初のお見合いは2月になっちゃったりもありますからね!
そうすると、会員さんはちょっとテンションもモチベーションが下がっちゃう。

結婚相談所では今、男性会員<女性会員の人数差

最近、ありがたいことに、先日の田原総一朗さんとの対談記事(田原総一朗が覗いた「なんとも奥深きシニア高齢者婚活の世界」)のおかげさまで、結婚したい男性からのお問い合わせも増えました。

結婚離れが進んでいる世の中ではありますが・・・不景気や不安定な世の中だと独りは寂しいと女性は結婚したいと思うものです。
なので、今はどの世代も関係なく、結婚したい男性は、結婚相談所が有利。女性の方が会員数が多いんですもの。

geralt / Pixabay

結婚したい男性に物申したい、女性の婚活との違い

男性が有利な点がもう1つ。
私、先日、婚活は「結婚相手を探すこと」と、「結婚相手に選んでもらうための活動」と言いました。(その時のブログはこちらになります→『お見合い相手にお断りされた時の反応で、人間性・成婚度が分かる。』)

でも、女性がね、「私!あなたと結婚したい!私を選んでぇぇぇ!(゚д゚)ノ」と熱烈なラブコールをしてきたところで、その女性に対して男性が興味を持てなかったら、まず結婚には結びつかないです。

だから、「婚活では、女性は受け身の立場」だとこのブログでも、口を酸っぱくして女性にお伝えしています。
つまり、女性ができることは、【自分が好かれたい人にアプローチされるように綺麗売り】すること。
これが最重要で、ときめきや、パッションはいったんおいといて、希望の条件がある程度、伴った相手の気持ちに寄り添いたいと思えるような、【いやじゃない人】を見つけていくことなんですね。

でも男性はそうじゃないんです。

男性の婚活はときめくことができる相手探しをすることから

「見た目がタイプ!」「話してて癒やされる!」「反応が良くて楽しい時間が過ごせる!」「彼女の喜ぶ顔が見られたら嬉しい!」
こんなふうに思える相手をお見合いで探してください。
女性はあなたの年収なり経歴なり、プロフィールから読み取れる内容だけ見て【結婚相手として、ナシ】なら、お見合いは実現しません。
婚活が行き詰まっている、なかなかいいご縁がないと悩んでいる男性は、すでにお見合いが成立している時点で、少し自信を持つこと。
で、あなたがその女性に対して、好かれたい相手だと感じたら、大切に慎重にお付き合いをしていけばいいだけです!

結婚相手に選んでもらうための婚活という要素が強い女性に対し、男性は選んだ相手とうまくいくように、交際を進展させていけばいいの!
それくらいシンプルに考えてOKです!!
これ女性が見たら(男性ずるい!)って思うyo!

「その交際の進め方がわからないんです!」という婚活男性

こういう婚活男性がとっても多いです。
せっかくお見合いして、好印象を持てた相手と出会えているにも関わらず、真剣交際へ進むまでの3,4回のデートでお断りされてしまうのは、悲しいですよネ。
婚活がうまくいかない・・・と悩む男性に共通して言えるのは、女性に対して、安心感を持たせようとしてない、ということ。

LisaAttractLove / Pixabay

結婚したい婚活女性が男性に求めるものは、「安心感」です。

これは経済的にも、精神的にも。
女性だって、結婚したくて婚活して、疲れてる!むしろ女性の方が精神的な疲労が大きいはず。
だって、結婚したいのに、誰からも選ばれない自分なんて、女性として悲しすぎるじゃないですか!(泣)
そもそもあなたという人物の人柄を知ってもらうための努力はしてますか?
まず、プロフィールと自分のイメージは同じ?
お会いした時に、最初から自分を全面に押し出してしまったり、逆に押し殺して自分を見せようとしなかったり、誤解されてしまうようなマイナスな言い回しを会話の中でしてマイナスな印象を持たれてしまったり、聞けば聞くほど、もっとうまく進めていく方法があるんです。

結婚相談所の婚活サービス、アドバイザーという存在を駆使して!

私達ブライダルゼルムのアドバイザーは、お節介はしません。
でも男性会員さんが「こんなとき、なんて答えたらいい?」「こういうときはどうすればいい?」と質問を投げかけてくれたら、私たちアドバイザーができることだったり、その人自身がどうするとベターなのか、最善の方法をアドバイスします。
女性に対して、わりと奥手で不器用という自覚がある男性が、スムーズに成婚するのは、まめに相談してアドバイスに沿った行動をきちんとしてくれるからです。
逆にプライドが高い、自分に自信があるようなタイプや、恥ずかしいと思ってしまっていたり、結婚相談所のアドバイザーの仲介を極力さけて利用している、という人は、アドバイスを求めるということをあまりしてきません。

ここでも、切実に「結婚したい」という人がやっぱり婚活は成功します。
思う存分、結婚相談所の婚活サービスを利用して、アドバイザーに頼りきってください。結婚相手を幸せにする気持ちと準備はあるのに、うまくいかないというアプローチ下手な男性、頑張って。
たくさんいる女性会員さんに、あなたの魅力を伝えるチャンスをください。
女性は男性のアプローチを待っていますよ!
今日も最後までお読みくださりありがとうございます☆

立花えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり14年目。
2人に1人は成婚する成婚率の高いアドバイザー。
20代~シニアまで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。
【婚活のみかた】【お1人さま倶楽部】【コラミ~】コラム掲載中。
メディアではシニア婚活有識者として注目。
東宝映画「後妻業の女」協力など、メディア取材履歴はこちら

Tags

交際男性向け