営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
結婚相談所で交際中の方向けの記事(53)お見合いシーンでのアドバイス(58)

敬語は堅い・タメ口は失礼…お見合い・交際での話し方、婚活会話テクニック

こんにちは、東京・銀座で27年目、結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

お見合いというと、ついついお堅いイメージを持つものですが、それを意識しすぎて、丁寧すぎる話し方をしても、面接のようになってしまう可能性があります。

かといって、お友達と話すようなフランクさで、くだけすぎた話し方でも、礼儀知らずで非常識な印象を持たれてしまいます。

真面目すぎても、不真面目すぎても、マイナスにとられてしまうため、敬語とタメ口の切り替えのきっかけや、お見合い相手とどんなふうに会話していいか悩むところです。今回は『お見合い相手が親しみやすさを感じる話し方、婚活会話テクニック』について、お話したいと思います。

婚活会話テクニック①:質問は敬語・丁寧語、感情は普段通りの言葉遣い

基本的に、お見合いのお席では敬語でお願いします。合コンや友人紹介などではなく、結婚相談所の紹介で出会うお見合いの場なので、いきなりタメ口で会話をすることは、不作法で礼儀がない人だととられてしまいます。

丁寧な言葉で会話が進んでいく中で、ご自分の感情を表現する時だけ、普段通りの言葉遣いをすると、堅すぎずソフトな印象になります。例えば、映画の話題になったら、「へぇ、面白そう。最近映画観てないなあ」というような、いわゆる独り言の時だけタメ口を使うようなイメージです。

男性の場合は、もしその後、仮交際に入った時、お見合いでは終始、丁寧にきちんとしてたのに、急にタメ口になるのもなぁ・・・と、きっかけがつかみにくい部分あるかと思います。こんな感じで堅すぎる会話を少しソフトにしてみると、その後、仮交際に入った後もスムーズに親しくなれそうです。

婚活会話テクニック②:敬語からタメ口に切り替えるきっかけ

お見合いでは、敬語だったのに、ファーストコールやメール、初デートでいきなりタメ口で会話をすると、お相手は急に距離が近くなったように感じて、引いてしまいます。

まだお互いのことをよく知らず、慣れていないお二人なので、ある程度、親密なお話ができる間柄になるまでは、フランクすぎる言葉遣いは控えましょう。

ご成婚されたカップルは、自然とお二人の距離感が狭くなったら、「もう敬語は、やめませんか」という流れになることが多いようです。男性からでも女性からでも、もっと親しくなりたいと思ったら、そうご提案してみてはいかがでしたでしょうか。

なるべく、早い段階が望ましいですが、慣れるまでの期間は、人によって違いますので、初デートでそんな会話になるカップルもいらっしゃれば、本交際に入っても、たまに敬語になってしまう・・・というようなカップルもいらっしゃいます。

お見合いも恋愛結婚、いつまでも他人行儀では進展しません

いかがでしたでしょうか。お見合いでは、敬語中心で、丁寧な会話をすると、お相手の印象はマイナスにはなりません。言葉遣いが非常識という理由で、お断りされてしまうことがないように気を付けましょう。そして、仮交際に入ったら、より親しみやすい間柄になるために、堅すぎる会話を自然とほぐしていきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ