営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2019.06.01 中高年・熟年シニア世代のための婚活ブログ(202)

【シニア婚活】お見合い相手の趣味は重視せずお相手探しをするのが正解です!

こんにちは、東京・銀座で27年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

婚活中の50代・60代の中高年シニア世代の皆様、結婚相談所のお見合いプロフィールをじっくり読むのはいいことですが、深読みしすぎてご縁を遠ざけてしまっている方もたまにいらっしゃいます。

その中で、一番深読みしなくていい部分が【お相手の趣味】ではないかと思います。

お相手の趣味を一緒に楽しむ必要はありません

と、せっかくのお見合いの申し込みを、趣味が合わないという理由でお断りする方がいらっしゃいます。

でも、お相手は、ご自分の好きなこと・趣味を書いているだけで、趣味を一緒に楽しめる相手を探しているわけではないんです。

例えば、山登りをしたことがないという50代・60代の中高年・熟年世代の方が、結婚相手の趣味が登山だからって、一緒に登山にお出かけできるかというと・・・よほど体力に自信がある方でないと無理ですよネ。

趣味が合わないからといって、お話が合わないということでもありません。

「趣味」といっても、人それぞれ感覚が違います

お見合いプロフィールの趣味の欄に書かれていることを、習慣的にしているわけではない、ということも頭にいれておきましょう。

年に一回程度しか旅行に行かなくても、【趣味:旅行】と書いている方もいらっしゃいますし、逆にほぼ毎日お料理やウォーキングをしているからといって、日常的にしているだけで、趣味というわけではない方もいらっしゃいます。

特に、中高年・熟年シニア世代の方は「若い頃は好きだったけど・・・」とご本人が思ってしまうような、音楽鑑賞や、レコード集めなどを挙げていたりする方もいらっしゃいますし、「映画は好きだけど、映画館には行かずDVD派」でも趣味は映画観賞だったりします。

参考過去記事:【お見合いプロフィール】趣味の欄はなんて書くのが好印象か

私も今年から趣味にしたい!とゴルフを始めましたが、まだプロフィールには書けません。

1人の時間もそれぞれ自由に楽しみ、二人で寄り添うシニア結婚ライフ

私は、「中高年・熟年シニア世代の結婚生活には、ライフスタイルに工夫が必要」ということは、本ブログでも度々お伝えしてきました。

それはどういう工夫かというと、仕事や習い事など趣味だったり・・・一人の時間を大切にすることを心がける、ということです。

退職して時間に余裕ができ、時間に余裕ができる世代だからとはいえ、どんなに気が合うカップルでも、家でも外でも四六時中一緒では、ストレスもたまります。一人でいる気楽を知っていて、熟年結婚しされたカップルは、人といる窮屈さやイメージとのギャップを感じるのではないでしょうか。

私は、食事ですらも、「一日一食だけ二人で食べるなど決めておいて、あとはそれぞれ好きにする方がいいですよ」とアドバイスしています。

いつまでも仲良く、居心地のいい結婚生活を送るために、それぞれがご自身の時間を楽しめる趣味がある、というふうにお考えになってもいいと思います。

私は「趣味なんて、一人で楽しんでもらった方が気楽ですよ」とお伝えしています。他のどんな条件よりも、お相手の趣味を最も重視する方以外は、特に趣味欄は気にせず、趣味が合う・合わないを基準にするお相手選びをする必要はないと思います。

ぜひお相手選びのご参考にしてくださいませ。

結婚相談所ブライダルゼルムでご成婚された60代男性も、その後のシニア世代の再婚生活について、語ってくださっています。

過去記事:【60代男性】結婚相談所でご成婚して1年半~中高年シニアの熟年結婚がうまくいく秘訣

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ

Tags

お見合いプロフィール趣味