youtube 電話 お問い合わせ

【お見合いプロフィール】趣味の欄はなんて書くのが好印象か

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

毎日毎日、結婚相談所で婚活する男女のお見合い用プロフィールを見ていると、皆様色んな趣味をお持ちです。

プロフィールの趣味欄に記載が多いのは、映画観賞・音楽鑑賞ですね。これは無難な趣味ですし会話の材料としてすくいやすいです。

「最近、どんな映画観ました?」とか「音楽って何聴くんですか?洋楽?邦楽?」とか・・・・あとは旅行。この3つは一番多いのではないでしょうか。

意外と趣味って男女とも見られている項目なんですけど、ありのまま書きすぎても変わった人だと思われてしまったり、共通点を見つけにくそうな趣味で会話が弾まなかったら・・・と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

婚活シーンではなんて趣味がプロフィールに書かれていたら、好印象で逆にマイナスなのか?今日はお見合いプロフィール用の趣味欄についてのお話です。

趣味:「旅行」のイメージ、こんな落とし穴が?

Skitterphoto / Pixabay

趣味「旅行」という女性は「お金がかかる」イメージ!?

趣味:旅行ってほとんどの人が書いてますね。温泉・国内旅行・海外旅行などなど・・・男性会員様と一緒にプロフィール検索をしていると、「旅行」を趣味に書いている女性に対して、

「しょっちゅう旅行に連れていかないといけないかもしれない・・・」
「お金かかる女性なのかなぁ」

とプレッシャーに思うという意見をたまに聞きます。

ご本人は気軽に書いてるつもりでも、(意外と)真剣にお相手は受け止めたりしているんですよね。

独身シングルだから、旅行に行く時間もあるわけで、結婚してからも同じスタンスでは生活は当然しないと思うんですけど・・・(;^ω^)

逆に、映画や旅行が大好きだから趣味にも書いてあるんだけど、独身なので、1人だし行く機会がないなんていう方もいらっしゃいます(笑)

自己PRや相談室PR欄に少し補足でメッセージを添えてあげるといいかもしれません。女性だったら、できるだけ派手な先入観を持たれやすいプロフィールは避けたいところです。

女性の趣味欄に絶対いれてほしい項目は「料理」

stevepb / Pixabay

お見合いと言えば、「ご趣味は・・・・」というフレーズが思い浮かぶように
趣味はお見合いの際に共通の話題をもたらしたりする最大の会話ネタです。

年齢関係なく婚活女性は若くても、中高年・熟年シニア世代でもやっぱり「料理」って書いてあると女性らしいイメージでいいですよね。

ほとんどの婚活男性が女性に求めていることって家庭的であるかですから。

お菓子作りやパン作りも◎

中高年・熟年シニア世代はプロフィールで健康アピールも大切!

stevepb / Pixabay

健康面重視のシニア世代はヘルシーな趣味が印象アップ

中高年・熟年シニア世代の婚活ともなると、いかに元気で健康であるかは相手探しにおいて重視されるポイント!

この世代は健康面で不安があると、将来的な介護の心配もついてくるので・・・ジム・ジョギング・ウォーキング・水泳・・・女性だとヨガなどもよく見かけます。

あとは登山など【健康アピール】のあるお見合いプロフィールは年齢的に安心感があって魅力的に映ります。

「お見合いの時に相手が足が悪いのか歩行が難しそうで、遠出とかは厳しいなと思いお断りしてしまった」というお断りの理由もありました。

この世代の婚活は【見た目年齢・健康年齢】が鍵です。

中高年・熟年シニア世代の婚活男女は、お見合いプロフィールから積極的に健康アピールをしていきましょう!

見合い用プロフィールとしてはマイナス!?NGな趣味

RobinHiggins / Pixabay

お見合いプロフィール検索をして他の会員様のプロフィールを見ていると、中にはこれは( ゚Д゚)と思う趣味をお持ちの方もあります。

「こんなん絶対変わってる人じゃん」みたいな印象の趣味は、できれば・・・あえてプロフィールには掲載しない方がいいのでは・・・と個人的には思います。

たとえば、「趣味:歌を歌う」カラオケとは違うの?( ゚ω゚ )合唱みたいな感じでしょうか?

「人間観察」あやしい、なんだかとてもあやしい感じ。

「手品」個人的に手品見るのは大好きなんですが小ネタとしてやってほしい。
見合いのプロフィールで全面に出されると引いてしまう女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

他に、「趣味:オーラソーマ」と書いていた女性がいらっしゃったのですが、男性から見たら、意味が分からず、しかもなんかスピリチュアルな宗教っぽく感じてしまったらしく・・・・(調べればいいだけなんですけど)お相手がまったくわからなそうな趣味を書いてしまうのも印象的に微妙ですね。

本人メッセージや相談室PRなどできちんと伝わるように一言添えてあげることも大事ですね。

たかが趣味、されど趣味

「趣味の合う人だといいな」と思っている婚活男女は多いです。中高年・熟年シニア世代ともなると、特にその傾向は強いです。

残りの人生を2人で楽しみたいので、楽しめる趣味が同じというのは魅力。
そういう部分でけっこう男女共に見られている趣味欄ですけど、別に同じである必要はないし、まったく趣味が異なるカップルは、それぞれ発見があって楽しいし、自分の時間を大切にできていいとも思います。(私こっち派!)

マリンスポーツやスキー・スノボ、ゴルフが好きな人だったら、同じ趣味を持っていると共通の話題ができて、それだけで親近感を持てますね。

↑この、スキー・スノボ・ゴルフは特別で、ピンポイントで趣味検索をして相手探しをしている人が多いです。

たかが趣味、されど趣味ですね。

お見合いプロフィールに変わった趣味を書いて印象をダウンさせたりしていませんか?大切なのは、お見合いチャンスを増やすこと、そのためのプロフィールですから、「この人と会ってみたい」というプロフィール作りです。

今一度、ご自分のプロフィールを見直して、本人メッセージや相談室PRなども確認してみましょう。

「婚活がうまくいかない」って言う方の5割はプロフィールの魅せ方が原因だったりもします。心配な方は、ブライダルゼルムまで見せにいらしてください(笑)

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。最後までお読みくださりありがとうございました!

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ