youtube 電話 お問い合わせ

58歳男性の再婚成功例~お見合い後真剣交際に至らない問題点をサポート

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

連日コロナウィルス関連のニュースばかりで苦しくなることも多い日々ですが、ここ最近一番嬉しかったニュースは、私の50代の会員様同士のご成婚退会です!

58歳男性♡55歳女性のカップル。お二人とも東京都在住で、再婚同士です。お二人から結婚相談所の婚活体験談をいただきましたので、レポートします。

まずは、58歳東京都在住の男性会員K様からです。

お見合い希望の女性が殺到するも、婚活歴3年…その理由は?

今回ご成婚退会されましたK様、プロフィール写真も爽やかな笑顔で安定企業で年収も1,000万超え、結婚相談所では50代女性の大半の方が「ぜひお見合いしたい!」と思えるようなプロフィールの方でした。

お見合いの申し込みが絶えず、ブライダルゼルムで婚活中は、とにかく沢山お見合いができました。K様ご自身も、ご成婚退会アンケートにあるように「複数の方とデートしていた時は、日時の調整が大変でした。」とおっしゃっています。

ですが、お見合い後、仮交際が成立しても、真剣交際まで進展せずに交際終了になってしまう…というのが、K様のお悩みの部分でした。

いつもご丁寧に対応して下さるきちんとした印象のK様が、お相手女性にどんなふうに接しているのだろう?と私も詳細を知る必要がありました。

「お断り」されてしまう理由を探りました

過去にお見合いや、仮交際して終了になってしまった女性方から、具体的にお断りの理由を集めました。

他の結婚相談所の女性会員様とお見合いした場合は、かなり掘り下げて詳しく聞くチャンスは少ないのですが、ブライダルゼルムの自社会員様からでしたら、事細かに色々な事を聞くことができます。

その中で、女性様から彼に対して「一緒にいて、楽しんでくれているのかが分からない。」というご感想が多かったんです。

何を考えているのか分からないお相手といるのは、疲れてしまいますよネ。

具体的な婚活成功のポイント

K様には、「いつもよりもオーバーなくらい感情を豊かに見せること。楽しんでくれている、と感じると女性も嬉しくなりますし、言葉にして『楽しい・嬉しい』とダイレクトに言ってもOK。」という内容のアドバイスをしました。

お見合いの際は、比較的良いお返事をお相手女性からもいただける事が多かったので、交際が成立した際に、お相手女性に対して、K様について、下記のような取扱説明書のような言葉を、その都度お相手に添えました。

「楽しいや嬉しいなど感情が表情に出にくいタイプですが、とにかく誠実な男性でパートナーとして安心できる方です。具体的に『○○したい・△△してくれたら嬉しい』など、女性から分かりやすく伝えていただけると、素直な性格の方なのでありがたいと思います。」

最初から『こういうタイプの人』と理解してお会いするのと、知らないでお会いするのとでは、印象も随分違うものです。

特に中高年・熟年シニア世代の婚活女性は警戒心が強い方も多いので、男性が奥手なタイプですと、なかなかお互いの距離が縮まりにくいです。ブライダルゼルムではこのようなご紹介をして、安心してお相手と接していただけるように努めています。

ブライダルゼルムの婚活サービスについて、婚活アドバイザーへのメッセージ

「長い期間の婚活となりましたが、いつもアドバイザーの方から、的確な助言をいただいていました。ありがとうございます。」

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ