youtube 電話 お問い合わせ

オンラインお見合いのススメ!~メリット・デメリットや注意点をご紹介

ここんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

コロナウィルス感染拡大防止による緊急事態宣言発令のための外出自粛という昨今の状況をふまえ、【オンラインお見合い】がじわじわと増えつつあります。とはいえ、ブライダルゼルムの会員様は、7割が50代以上のシニア世代の会員様…先日のブログでは、中高年・熟年シニア世代でも利用しやすいオンラインお見合いのツールをご紹介させていただきました。

過去記事:オンラインお見合いで外出自粛中も自宅で婚活!

お一人でご自宅に籠っていらっしゃる方は特に、オンラインお見合いで気になるお相手とお話する、というだけで気分転換にもなりますし、この機会だからこその婚活方法としてオンラインお見合いについてご紹介していきます。

オンラインお見合いのメリット

①外出自粛中、出かけずとも自宅でお見合いが可能

今回、外出自粛のために注目されたオンラインお見合いですが、そもそも海外在住の方など遠距離のお相手とのお見合いでは、既にオンラインお見合いを実はしていました。

②男性はお茶代がかからない!

お見合いを行うホテルのお茶代は、高級なお茶代でもあります。普段、ちょっとお茶する時の金額でもないので、男性には出費を避けられるというメリットも。

③相性が悪かったお相手でもダメージが少ない!

お見合い相手に対してがっかりしてしまい、残念な気持ちで帰ってくるご経験は、婚活中の方なら誰しもあることだと思います。わざわざ支度してお出かけする手間がない分、オンラインお見合いは、がっかりしてしまった時のダメージも少ないのではないでしょうか。

④交際に入ってからも気軽にビデオ通話で話しやすい

ここからは交際成立後のお話になります。普通にお見合いをして交際に至った時、ビデオ通話でコミュニケーションをとるカップルはどれくらいいらっしゃるでしょう?オンラインお見合いがきっかけとなると、交際成立後もビデオ通話が気軽にしやすいのではないでしょうか。特に女性はカメラを通して、ご自宅の外観や内観などもうかがい知ることもできます。

オンラインお見合いのデメリット

①慣れるまではぎこちない

普段からビデオ通話をしている方は、そんなにいらっしゃらないと思うので、操作に慣れるまでは、会話もぎこちなくなってしまうかと思います。

②事前にアカウント交換が必要な場合もある

今のところ、zoom以外は事前にアカウントを交換してのオンラインお見合いとなりますが、仮に交際が成立しなかった場合は、ブロックしてしまえば連絡はできません。

④実際に会った時に、少し恥ずかしい(笑)

オンラインお見合いを経て、実際にお会いする機会が出来た時に、照れる・恥ずかしいなどの感情が生まれてくるくらいが実は理想的ですね!直接お会いする時は、ビデオ通話でした様々な会話の確認くらいの感覚で会えるまで、色々なお話ができている間柄を目指せれば良いですね!

⑤話題に困る

こちらも、慣れていないからこそ、だとも思いますが、オンラインお見合いのポイントを次にご紹介していきます。

オンラインお見合いのポイントや注意点

◆まずは、ネット環境

ビデオ通話は、電波が悪いと会話もとぎれがちです。WIFI環境があるとベストですが、ご自宅の電波が悪い場合は不向きです。

◆アカウントの名前は、フルネームは避ける

どんなツールでお見合いをするにせよ、例えば、私の場合、「立花えりこ」という名前でアカウント名を登録してしまうと、お見合いお相手にフルネームを知られてしまいます。苗字だけ、ニックネームなどアカウント名で個人情報を晒してしまわないように気を付けましょう。

◆照明の明るさも印象UPには重要

スマホやPCのカメラ越しにご自身の上半身が映るので、明るい照明でお顔映りが良い場所ですと綺麗に見えます。

◆一人でゆっくりお話できる環境

お一人暮らしや、家族と同居しても、自室の静かなお部屋で、周囲の雑音が入らない環境の中でお見合いができないと、お互いに集中できません。

◆オンラインお見合い中の服装は?

上半身だけしか映らないので、上半身だけ整えておけば良いです。女性はメイクはもちろんしましょう。snap cameraというアプリを使用するとメイクや背景を変更できるツールもありますので、ネットに詳しい方にはおすすめです。

◆オンラインお見合い中の話題は?

ご参考までに、こんな感じの流れではいかがでしょうか。

  • ①自己紹介「初めまして。○○です。今日はお見合いする機会をいただいて、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。」
  • ②「オンラインでお見合いなんて、慣れていないので、緊張しますね。でもこういう状況ですし、仕方ないですね。今お仕事はどういう状況ですか?」こんな感じで、現在の状況の情報交換をして、お互いのお仕事内容についてふれます。
  • ③現在はどのように毎日過ごしているか。趣味の話。
  • ④「緊急事態宣言が解除されたら、どこに行きたい・何がしたいとかありますか?」

オンラインお見合い中は必ずしも、ずっとお顔だけを映していないといけないわけでもありません。ご自慢のご自宅コレクションペットなどお話の流れで見せたいものがある場合は、お見せしてもいいですし、それも話題作りの一つとなるはずです。

◆いつもよりオーバーリアクションで

カメラ越しなので、いつもより表情を豊かにして、お相手に感情が伝わりやすくすることを意識しましょう。無表情でお話すると空気も重くなります。会話が弾まず「あ…もうじゃあこのへんで失礼しますね」と、言いたくなってしまいます。

『外出自粛中』の期間限定のお見合い方法ということを忘れずに!

ブライダルゼルムの会員様に関しては、今回の緊急事態宣言発令により、二ヶ月の会員期間の延長することにいたしましたが、オンラインお見合いをしている会員様からは、「オンラインお見合いって気楽だし、いいじゃない。なんだったらこれからもオンラインお見合いがいい」というお声も実際ありました(笑)

ですが、あくまでも、オンラインお見合いは、外出自粛中の今だけの期間限定の苦肉のお見合い方法です。この状況が収束し、緊急事態宣言が解除された際は、以前と同じように、1:1で直接お見合いしていただくスタイルに戻ります。

オンラインお見合いについて長々とお話させていただきました。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ