youtube 電話 お問い合わせ

【シニア女性必見】オンラインお見合いのメリット~お相手のご自宅を早期に確認できる

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。

“ステイホーム”と毎日耳にする現在の状況の中、オンライン婚活が注目されていますが、50代以上の中高年・熟年シニア世代の会員様が多いブライダルゼルムでは、オンラインお見合いをご利用される方はまだ微々たるものです。

先日のブログでは、オンラインお見合いのメリット・デメリットや、シニア世代がオンラインお見合いを利用しない理由を挙げてみました。ですが、実は、中高年・熟年シニア世代の婚活女性こそ、オンラインお見合いはメリットもあるんです。

今回は、シニア婚活ならではの視点で、オンライン婚活についてのメリットをお伝えしていきたいと思います。

年収よりも『家』を重視する50代・60代女性

50代60代のシニア婚活女性が、男性のプロフィールでチェックする部分は、年収よりも『持ち家があるかどうか』です。これは、若い世代の婚活との大きな違いでもあります。中には、新居を購入する方もいらっしゃいますが、60代を越えると、賃貸で部屋を探すのも難しい状況でもあります。

将来的に男性の持ち家に住む女性がほとんどですので、女性としては、交際が成立したら、なるべく早い段階で、男性の自宅やお住まいの地域の環境などを知りたいというのが本音です。

過去記事:中高年シニア婚活女性がこだわる男性の「持ち家」について

交際相手の家が気に入らず交際終了したケースも…

男性の持ち家があれば良いというものでもありません。「交際相手の自宅に行ってみたら、あばらやのように荒れ果てていて、私はここには住めない…」と交際終了になってしまうこともあります。持ち家を売って、中古マンションを購入するなどの選択肢がなく、今の持ち家に住むことが前提という男性が多いので、自然と女性も、結婚後の住まいを重視するようになります。

逆に、彼のお住まいを見て、結婚のイメージが湧き、一気に気持ちが盛り上がる女性もいらっしゃるくらいです。

年金生活で、男性の収入が200万・300万とプロフィールに記載されているのも当たり前のシニア婚活。女性が重視するのも年収ではなく、持ち家なのです。

オンラインお見合いでは、気になる“自宅のチェック”ができる

そんな50代・60代以上の婚活女性にとって、オンラインお見合いは、男性の自宅の雰囲気を早期にチェックしやすいのは、一番のメリットではないでしょうか?

交際中、男性の家に行くきっかけに悩む女性も多いので、オンラインお見合いでは自然な流れで、家の中を見せてもらえるチャンスでもあります。出かけずともチェックしたいポイントがクリアされます。

ZOOMやLINE・スカイプなどのビデオ通話を用いたオンラインお見合いから、交際が成立したカップルは、コミュニケーションのハードルも低くなり、LINEやビデオ通話で連絡を取り、交流を深めています。

海外在住の方の婚活と同じです

これ、実は、海外在住のお相手とお見合いしている方が日常的にしてることです。オンラインでお見合いして、その後は毎日メッセージでやりとりし、写真を送り合ったり、たまにビデオ通話をしたり…。一時帰国予定は1ヶ月後、二ヶ月後という方でも、時差がある中、こんなふうにコミュニケーションを取り合えます。

今の外出自粛中のこの状況と似ていますよね。コロナウィルスの影響で制限される生活の中、今できる最大限の婚活だとも思います。

オンラインお見合いはシニア婚活でもおすすめです

シニア世代にはあまり浸透していないオンラインお見合いですが、50代・60代以上女性にとっての、メリットをご紹介させていただきました。

もちろん、お見合い前に各担当アドバイザーとオンラインお見合いのシミュレーションもしております。明るさ・角度などのカメラ映りや、服装や話題など色々なアドバイスをしておりますので、これを機会に挑戦してみたい!という方は、各担当アドバイザーへご相談ください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ