youtube 電話 お問い合わせ

58歳女性が結婚に成功した理由~マイペースな一面を改善し婚活力をアップ

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

緊急事態宣言下、こんな状況でもありがたい事に、ブライダルゼルムの会員様からご成婚退会のご報告が続いています。

今回、結婚相談所婚活体験談・ご成婚レポートをご紹介させていただきますのは、K様58歳(千葉県在住・会社員・初婚)の女性です。お話した内容を交えて、ご紹介していきます。

結婚相談所での婚活はなんと…三度目!

実は、K様、結婚相談所の婚活は三度目だったそうです、40代後半の時に、大手の結婚情報サービスで婚活。その後は55歳の時に、半年間だけ結婚相談所で婚活をされていました。なかなか良いご縁ばないまま悩んでいたところ、ブライダルゼルムのブログを読んでくださっていたそうです。

「どうしても結婚を諦められなくて、この先、独りで生きていくのも考えられなかったし、三度目の正直だと思って入会しました。ブライダルゼルムさんのブログには、50代の婚活の情報が沢山取り上げられていて、参考になりました。」

婚活中、特に気を遣ったことは?

「立花さんに『お見合い相手からは、良いお返事をいただけるように接する』と教わり、これまで私はそんな発想がまったくないまま、ただお見合いしていたので、そこに苦労しました」

「よく考えれば分かることなのに、過去にお見合いした方には失礼な態度だったかもしれません。お見合い料や、お茶代をご馳走いただいているのに、感謝の気持ちもなく、そもそも相手に気に入ってもらおうという態度ではなかったです」と過去のお見合いを振り返って、K様はこのようにおっしゃっていました。

マイペースな一面が婚活で浮き彫りに

アラカン世代(60歳前後)までご結婚経験のない(初婚)の方に多いのが、どうしてもご自分のペースを大切にしすぎて、お相手を許容せず、すぐにダメだと判断してしまう傾向があります。ご自分のペースに合わないと感じたら、他の人に目を向けてしまい、どうしたらその人と上手くいくかを考えません。

K様にもそんな一面が。婚活をスタートした当初に感じた分かりやすい例としては、お見合い後のファーストコールの折り返し電話が数日後だった事。

ご本人は、「着信に気付いたのが夜遅く、仕事がある日は遅いので、電話する元気がないので、数日後になった」など、人それぞれに言い分はあるのですが、お見合い相手側のお気持ちを考えられていたら、数日後に折り返しの連絡は失礼ですし、それだけでご縁を逃してしまいます。

このような、婚活する上でご理解いただきたい“ズレ”を一つ一つ教えていくことで、素直なK様はどんどん婚活力がアップしていきました。

ご成婚退会が決まったお相手男性との結婚の決め手は?

お相手男性様は、59歳の会社員で再婚の方です。

「結婚相談所に入会した時の現実的じゃない希望条件とは、まったく違う方と結婚が決まりました。58歳で結婚相談所で婚活した場合、男性の年齢は10歳くらい年上じゃないと無理なんじゃないかと覚悟していました。でも『同世代の男性と成婚退会する事の方が多い』と伺って、驚きました。優しく、安心できて、この人と生きていきたいと感じられました」

ブライダルゼルムの婚活サービスについて

「ブライダルゼルムさんに入会するまで、私はだいぶ間違ったものの見方をして、男性に対しても“こういうものだ”と決めつけたり、頭が固かったです。58歳で婚活して、自分のマイペースで自己中心的な部分に気づかされました。

その都度、適切なアドバイスをしていただいて、50代以上の方で、婚活が上手くいかない方は、ブライダルゼルムさんで頑張るべき!私のような問題児でも結婚することができました!」

58歳女性様の婚活体験談、いかがでしたでしょうか。アラカン世代でもご結婚経験のない初婚の男女は、珍しくありません。ただ、結婚相談所で婚活することが恥ずかしいと感じてしまい、お話を聞きに行くだけでもかなり勇気がいるようです。K様のように、ご縁があった方と幸せな60代が迎えられるように、ブライダルゼルムはシニアの婚活をサポートします。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ