youtube 電話 お問い合わせ

お見合い後の交際が進展しない…『受け身』な男性の傾向と対処法

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

今日は一日で3件ほど、会員様から、交際について同じようなご相談がありました。

「距離感が縮まらず、交際がなかなか進展しません・・・。」

お話を聞いていると、いずれの会員様もある共通点がありました。男性側・女性側のご意見を聞いて感じたことをお伝えしていきます。

2~3回以内デートした間柄の交際相手に…

「もう他の人とお見合いはせずに、交際に集中したら?」と、交際相手がアドバイザーさんに言われたみたいで、「どう思う?」って聞かれたんです。でも私たち、別にまだ真剣交際にも入ってないし、「お見合いしないで」とも言えませんでした。

交際相手に、この先交際を進展させる意思や可能性があるのか聞いてみました。でも何とも曖昧なお返事で…。

交際が進展しないのは『男性の受け身な態度』のせい!?

このお二人のご相談内容。男性が受け身のパターンです男性の好意が女性に伝わっていません。女性側からのご相談についてですが、ご交際相手の男性は、アドバイザーからの言葉を口実にして、女性の気持ちを知りたかったのでしょう。女性のお返事次第で、他のお見合い活動はストップして、彼女とだけ交際していきたいお気持ちだったものと思われます。

しかし、女性からしてみたら「突然そんなことを言われても分からない」というのが本音です。まだお見合いして、2~3回のデートをしただけの間柄で、彼からの熱意や好意も特に感じられておらず、「この先どうしたい?」と、気持ちを先に聞かれても、お返事のしようがありません。男性側からのご相談については、男性が受け身になってしまっていて、男性の気持ちも不明瞭なのに、女性の意向を知ろうとしてしまっている状況でした。

「もう他の女性とお見合いはする気はない!あなたに決めました!でもあなたの気持ちがまだ自分に決められないなら、他とお見合いしてじっくり考えてから決めてください。」

これくらいはっきりと男性から言われていたら、女性側も男性の好意をお受けする心の準備もできますし、嬉しい気持ちにもなります。それは、結婚相談所を通じて『良いと思ってお見合いした相手』だからです。結婚相手の対象にならないお相手なら、そもそもお見合いも交際も成立しません。そんなお相手から好意を示してもらえるのは、とてもありがたいことです。

交際が進展しない男性の傾向は『受け身』

お相手女性の気持ちを尊重してあげたいと思うような優しい方なのでしょう。もしくは、プライドが高く傷つけられたくないという気持ちが強いかのどちらかです。距離感が縮まらないデートを繰り返していると、男性は自分からお相手に踏み込むことしないで、お相手次第で考えようと『受け身になる傾向が強い』です。

かと言って、女性からの猛アプローチをされたとしても、もちろん誰でも良いわけではないのでうまくいきません。心の中では、「まだいい人がいるかも」という思いがあったり、ご自分の完璧な理想の女性像に近い相手を探し求めすぎてしまっているようにも感じます。

はっきりしない交際男性の対処法

女性の方へのアドバイスです。もし、今一つ気持ちが見えない男性に、この先の交際を進展させる意思や可能性について聞かれたら、「私でいいんですか?」と聞いてあげることはできますでしょうか?『男性の気持ちを引き出せる女性になる』ことも、交際をスムーズに進展させるポイントです。

「私でいいんですか?」と問いかけに、男性が答えてくれたら、女性も真剣交際に進むための判断材料になるような色々な質問をしやすくなります。

反対に、「私でいいんですか?」という質問に「まだよく分からない」とさらに曖昧なお返事で返されたら、女性の気持ちも離れてしまうのではないでしょうか。「このままお付き合いを続けても進展しない…他の男性を探そう」という気持ちにもなってしまいます。これを繰り返してしまっているから、交際がうまくいかないんです。

距離感が縮まらない限り相性はわからない

お互いが受け身のいわゆる『様子見デート』を5回も10回もすることは、特に結婚相談所の婚活では時間をの無駄になってしまいます。

男性に必要なのは・・・

  • 自分の気持ちを分かりやすく伝える
  • 自分の気持ちが固まっていないのに、女性に確認しない

女性に必要なのは・・・

  • 男性からのサインを見逃さず、気持ちの確認をする言葉を引き出す
  • 2~3回以内のデートでは、結婚後の生活や希望を聞かずに、まずは愛される女性になること(相手次第で変えていけるような事も、条件が合わない部分を見つけてしまうと盛り下がりますのでご注意を)。

結婚相談所の婚活は、早く結婚したいという思いが先走って、「相手を見極めなきゃ」とせっかちになってしまう方も多いです。始まったばかりの交際が、スローテンポだと、余計に「このままではいけない」と、焦ってしまいます。

交際が進展しないと悩んでいる方は、今日お伝えしたことをお試しください。また、ご自身でお気持ちを伝えるのが難しい方は、担当婚活アドバイザーを介して、間接的にお伝えすることができるのも結婚相談所の婚活のメリットであり、結婚相談所ブライダルゼルムでは、このような交際のサポートもしています。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ