youtube 電話 お問い合わせ

【中高年男性向け】パートナーとの性生活~シニアの性事情や婚活中の注意点

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

※今回は、【中高年男性向け】の記事になり、性的な内容が含まれています。中高年・熟年シニア世代のパートナーとの性生活についてがテーマです。シニアの性事情や婚活中の注意点について書いています。

夏だからでしょうか、60代・70代の男性からこんなお問合せをたまにいただきます。

肉体関係を求めている女性はどれくらいいますか?』

要するに男性は何を言いたいかというと、「真剣にパートナーを探しているが、自分は60代でも、パートナーとの性生活も楽しみたい。同じ気持ちの女性と出会いたいと思っているが、実際のところ女性はどう思っているのか?」

↑かなりオブラートに包んで、ブログに書いていますが、実際はセクハラのような内容のお問い合わせもあります(笑)

続いて、「パーティーで出会った女性に『肉体関係は可能か』聞いても良いか?」と聞かれます。

私から言えるのは、シニア世代の女性が肉体関係を望んでいるかどうかは、「人による!」という事と、初対面でそんな質問をしたら、「女性に引かれる!」という事です。

男性にそれをお伝えしても、「高齢カップルでも性の一致は大切なことだ」と言われます。おっしゃる事はよく分かります。

では、婚活中のシニア世代の女性は、パートナーの性生活についてどのように考えているでしょう?

シニア婚活女性が考えるパートナーとの性生活

正直なところ、50代・60代で婚活中のシニア女性はパートナーとの性生活について「なくても良い」「むしろ、ない方が良い」と思っている方が多いはずです。

ただ、絶対に拒否するというわけではなく、「男性が希望するなら応える」というスタンスです。自分を大切にしてくれるパートナーが求めるなら、応えようと思う気持ちはちゃんとあります。「出来なくはない」という考えが近いかもしれません。

そもそも、世代的にも、そういった話題すら、恥ずかしい・はしたないと考える貞淑な女性が多い世代でもあります。

中には「閉経もしているし、Hなんてとんでもない」というシニア女性もいらっしゃるでしょうし、「私、性欲は強くて男の人がいないと生きていけないの」という70代女性(!?)ともお会いしたことがあります。こればかりは「人による」としか言えません。

“事前確認”はアリか?

パートナーとの性生活を求めているシニア男性にとっては、関係を進める判断材料として早めに知っておきたい事なのでしょうが、前述したような認識でいれば失敗しません。

初対面の男性に「アッチ(性生活)の方もOKですか?」と唐突に質問される女性の気持ちを考えてみましょう(笑)どんなに真剣に真面目な口ぶりでお話しても、“いい年して、Hしたいだけのスケベ”という印象になってしまいます。

お相手が真面目に婚活をしているシニア女性であれば、余計に信頼関係があってこその肉体関係だと思います。女性がどういった目的でお相手探しをしているのかもポイントです。

パーティでカップル率は高いのに残念なシニア男性の例

婚活パーティーに参加すれば、毎回カップリングになる60代男性がいらっしゃいます。清潔感もあり、安定企業にお勤めで第一印象は良いんです。ですがカップルになった女性方から「自宅に誘われた」「いやらしいことを言われた」と毎回のように連絡が入ります。

婚活パーティーでの出会いをきっかけに、お付き合いに進展すれば、自然とそういう流れにもなれたはずです。

「風俗にでも行けばいいのに」と思われる方も多いでしょうが、ご本人はいたって真面目です。“肉体関係もOKのパートナー”を真剣に探しているのでしょう。ただ、性欲だけが前に出すぎで、これでは上手くいきません。

実際にシニアの性事情はどうなのか

結婚相談所で出会い、成婚退会したシニアカップルの場合の性生活はどうなのでしょうか。

  • 「男性が求めてきたら、Hする」
  • 「普段、手を繋いだりキスしたり抱き合ったりなどのコミュニケーションはあるが、性行為自体はない」
  • 「一切ない。気の合うパートナーと暮らしているという感覚」

おおまかにこの3パターンに分かれます。そもそも男性がパートナーに肉体関係を望んでいない場合もあり、一度も性行為をしたことがカップルもいらっしゃいます。

“性の合致”で成婚退会した高齢カップルの例

先日、スピード成婚退会した70代男性、実は性生活を重視するタイプ。結婚相談所で婚活中は「そういうお誘いが早い」という報告もあり、その都度、アドバイザーから男性会員様に対して、気を付けてていただくようなお話もしておりましたいた。

女性側のアドバイザーより「彼女なら同じように性生活も大切に考えている」というようなご紹介があり、お見合いしたところ、スピード成婚退会となり現在はすでに一緒に暮らしています。

性生活に留まらず、シニア世代の婚活はお互いが重視する部分が合致すると、若い世代よりもずっとスピーディに成婚退会となります。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ