youtube 電話 お問い合わせ

他の結婚相談所で婚活中の40代男性の「お見合いができない」理由

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー池三津です。

先日、40代の男性のお客様より、婚活のお悩みをご相談いただきました。

42歳初婚男性(以下:S様)、婚活歴は2,3年だそうで、30代後半より地元の結婚相談所(IBJ加盟店)で婚活しているとのことでしたが、お見合いができないことにお悩みのご様子。

私は、現在も結婚相談所で婚活中のS様のプロフィールが気になり、一緒に検証させて頂くことに致しました。

今回は、その時のお話をしたいと思います。

S様のお見合いプロフィール

私が特に気になったS様のプロフィールは4点

  • 年収:300~400万
  • 宗教:あり
  • 希望年齢:30歳から42歳まで
  • 希望地域:「東京・千葉」など地域限定

言葉足らずなプロフィールは「補足」を

収入証明書に基づいた数字を記載をするので、変更はできません。40~45歳の社会人男性の年収は、563万ですが、平均より低かったので、一応お伺いしてみたところ、「転職したばかり」とのことでした。ご本人様としては、これから伸びていく企業に転職できたことにより、年収は徐々に上がる見込み」なんだそうです。

漠然と、年収の数字だけを記載するだけじゃなく、このような一言を補足してあげるとプロフィールを見る側の印象も変わります。

次は、宗教について。

ご両親が入信していたわけではなく、若い頃、留学先にて知ったのが入信したきっかけであること

「宗教を勧める活動はしていないので、結婚相手には入信を勧めることはしない」

これらを補足してあげることがとても重要になります。

他に、「希望年齢」「希望地域」については、改めて伺うと、プロフィールに書かれているよりも、柔軟なお考えで、少し年上の方でもOKだったり、お相手の居住地域のついても、限定的ではありませんでした。

プロフィールはご入会時に作成するものなので、婚活していく中でご自身の気持ちの変化もあるでしょうし、ご自身のプロフィールを見直し、常に更新しておく必要があるのです。「全国でも可」と記載し範囲を広げるべきではないでしょうかとお伝えし納得して頂きました。

女性が惹かれるプロフィール作り

S様のプロフィールを拝見した第一印象は好青年高身長で(180cm越え!)、大卒の方でした。

色々とお話を伺っていくと、留学経験もあり、語学も堪能。海外旅行もお好きで一人でも行動でき、人とのコミュニケーション能力もあるということがわかりました。これは、現在婚活中の結婚相談所のプロフィールには掲載されていなかったことです。

自己PRや相談所PRも、とても淡泊で全体的に淋しいプロフィールでしたので、女性が惹かれるようなS様の良いところをきちんとプロフィールから伝わるように記載することが大切だとお伝えしました。

結婚相談所を乗り換える際に大切な婚活サポート

結婚相談所の婚活ご経験者にとって、まず大事なことは、同じ婚活を繰り返さないこと。結局、婚活しているご本人は同じなので、サポート方法を変える必要があります。その一つとして、ベストなプロフィール作り。

実際に、同じように結婚相談所をお乗り換えして、成婚退会された50代男性の婚活体験談も参考にどうぞ。

過去記事:56歳男性♡50歳女性~ご成婚は男性の日頃の婚活努力の賜物

次に、ここからは、担当婚活アドバイザーの出番です。S様と同じように「宗教あり」の45歳までの女性を検索しましたところ、IBJ(日本結婚相談所連盟)においては、600名強もいらっしゃいました。この検索結果は、S様にとってみたら、お見合いが成立する可能性の高い方達ともいえます。

皆さん、人それぞれ婚活する上でのコンプレックスやハンデを感じたりする事もあるかと思います。それは、プロフィール以外の目に見えない事柄もあるかもしれません。

ご自分でうまく言えないことは、ブライダルゼルムの婚活アドバイザーと一緒に解決しながら前に進みませんか。是非、今回のS様の記事を参考に少しでも婚活に対して前向きな姿勢になって頂けたら嬉しいです。

池三津 秀旗(ブライダルゼルムアドバイザー)

婚活アドバイザー歴17年目。女性アドバイザーが多く占める結婚相談所業界において、男性目線でのサポートができる貴重な存在。団塊ジュニア世代に生まれたこともあり、数多くのシニア世 代の方へのサポート実績あり。ねるとんパーティ時代を経て、自らも3,000 回以上のパーティ司会を努める。

プロフィールページ