youtube 電話 お問い合わせ

52歳女性会員様ご成婚退会アンケート~男性に働きかける「愛される努力」が大切

こんにちは、東京・銀座で29年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

先日、ご成婚退会された52歳女性会員様(東京都世田谷区在住・自営業・再再婚うち死別)の結婚相談所の婚活について、ブログで取り上げました。

その時の記事:「【婚活成功例】52歳女性~『しばらく週末婚』の理由や女性側の婚活力について

彼女から、「婚活体験アンケート」が届きましたので、ブログでもご紹介させていただきます。こんなにびっしり、沢山書いていただきました!どうもありがとうございます。

52歳女性がブライダルゼルムに入会したきっかけ

「何年か前に、ブライダルゼルムでカウンセリングを受けましたが、その頃はまだ子供が学生だった事もあり、忙しく寂しさも感じていませんでした。子供が就職して、結婚・独立してから、このまま一人では…と思い、ブログに勇気づけられ、結婚相談所に入会を決めました。」

お見合い人数は?

人」

ご入会して、2ヶ月で4名とお見合いしました。ご成婚相手とは、昨年8月にお見合いをして既に交際中でしたが、コロナ禍で入院・手術になり、交際期間を延長しました。

婚活中特に頑張ったこと・大変だったこと

「コロナ禍もあり、感染に気を付けなければと思っていた矢先に、まさかの入院・手術になってしまい、落ち込みました。」

「お見合いがうまくいき、交際になった際には、お相手との距離を縮めようと、マメに連絡を取るように心がけました。朝の挨拶や『お疲れ様』など、毎日2回程度のメール連絡・ハートマークはよく入れていました(笑)」

「感染が拡大して、外食も自粛…となった時に、お相手のお家で、私の手料理でお食事を作ったりしました。可愛いエプロン持参で頑張りました。」

「女性の婚活は受け身」と言っていますが、それは愛情を受ける側という意味で、彼女のように、女性からも「愛されるために」積極的に男性に働きかける努力をすることが大切です。

お相手男性様(60歳・自営・あきる野市在住)成婚退会の決め手

「経済的に安定していることはもちろんですが、偉そうな所がなく、自然体でいられて、会話が多かった事です。一緒にいて笑えることが多い。(これは二人の意見です)退院後に会って、食事をする時は、私の自宅の近くで、個室のあるお店を選んでくださり、とても気を遣って下さいました。」

「住んでいる所が遠く、無理かも…と思った事もありましたが、私の住んでいるところに不動産を買って行き来するのはどうか、と言って下さり、デートの際は、私の住む街を散策して環境を見て下さっています。とてもありがたい申し出だと思いました。」

婚活中にびっくりしたエピソードやショックだったこと

  • お見合いは通常、2時間以内と思っていたのに、お相手が一方的にお話され、4時間もかかってしまい、疲れました。
  • お見合いで質問攻めにあい、住んでいるところは借金の有無、子供の職業など、まるで取り調べ!?と思うようなお見合いに困惑しました。
  • オンラインお見合いをして交際になりましたが、なかなかデートに誘われず、やっと会う約束が出来たと思ったら、投資セミナーへの参加の後にお茶でもに誘われ、立花さんに相談しお断りしていただきました。

長時間のお見合い・質問攻め・ありえない初デート…彼女の婚活も紆余曲折ありました。ですが、数々のご苦労も成婚退会へのプロセス!最愛のパートナーと出会い、ご成婚退会できて良かったです!

ブライダルゼルムの婚活サービスについて、良かったと思うことや担当婚活アドバイザーへのメッセージ

「入会してこれから…という時に、入院・手術になってしまい、立花さんには色々とお世話になりました。お見合いや交際などでも、不安に思ったことに対しても一緒に考えて下さり、相談に乗ってくださいました。本当にありがとうございます。」

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ