youtube 電話 お問い合わせ

婚活中の中高年・シニアのSNS利用法~失敗例や好感度を上げる投稿について

こんにちは、東京・銀座で29年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

今回のブログは、「Twitter(ツイッター)」や「Instagram(インスタグラム)」・「Facebook(フェイスブック)」・「YouTube(ユーチューブ)」・「mixi(ミクシィ)」などの、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をご利用している、婚活中の中高年・熟年シニア世代の方向けです。

SNSは、登録して友人や知人以外の知らない誰かと繋がって、日記や写真を見たり、自分からも発信することで、情報交換や会話を楽しむことができるので、中高年・熟年シニア世代の方も数多く利用しています。

特に一人暮らしで寂しい中高年・熟年シニア世代にとって、写真を気軽に投稿して「いいね!」やコメントをもらえるのは、人との繋がりを感じて嬉しいようで、SNSに没頭している方も少なくないようです。

ですが、「結婚相談所で婚活中」の方の場合、婚活アドバイザーとしてSNSの利用の仕方にもご注意いただきたい点や投稿する際のポイントがあります。

婚活中の方がSNSを利用する際の注意点

①自分のアカウントが予期せぬ相手に見つかってしまう

私自身もInstagramやTwitter・youtubeなど、仕事柄もあり色々なSNSを利用しています。

携帯電話の電話帳には、結婚相談所の会員様の電話番号が数多く登録されているので、SNSを開くと、自動的に「お友達かもしれません」と会員様のSNSが表示されてくることがあります。「あ、〇〇さんがインスタやってる」と偶然発見してしまうことも多いです。

私と繋がることで、結婚相談所と絡みがあると思われたくない方もいらっしゃると思いますので、もちろんフォロー(アカウントを繋げること)はしません(笑)

私と会員様なら、結婚相談所の婚活アドバイザーと会員という関係性ですが、結婚相談所のお見合いで連絡先交換をした場合、お互いが同じSNSを利用していたら、こんな感じで、お見合いした二人が繋がってしまうことも考えられます。

こちらは、InstagramなどのSNSを登録の際に、本人確認のために、電話番号を認証している場合です。電話番号の解除方法など、下記に参考になる外部記事がありましたので、こちらも併せてどうぞ!:「【インスタグラム】電話番号は登録した方がいい?メリット/デメリットを解説!

②婚活で出会ったお相手のフォローはNG

私のように偶然見つけてしまっても、お見合い相手・交際相手のフォローはNGです。もし交際が終了しても、SNSによって繋がりを持ってしまうことになりますし、個人的にメッセージのやりとりができる環境を、ご自分で作ってしまうことになってしまいます。

逆に、もしお相手の方からフォローされてしまった場合は、交際中でしたら、気まずくなるので、下手にフォローを外してブロックなどせずに放置。交際が終了したら、そっとフォローを外しブロックするか、担当婚活アドバイザーに相談して、SNSでの繋がりを断ち切りましょう。

婚活中のSNSの利用の失敗談

偶然、SNSを見てしまって、こんな一面を知ってしまった…という報告は色々なパターンがありました。例えば、こんな失敗談はよく挙がることです。

  • 「政治的な発言に過激なものが多くて、怖くなってしまった」
  • 「お見合い相手の愚痴などが書き込まれていて、引いてしまった」
  • 「芸能人か!と言わんばかりの高級レストランやブランドもの写真などキラキラした日常の写真の投稿に、尻込みをしてしまった」
  • 「あるアイドルの熱狂的なファンのようで、そのことばかり投稿していて、交際の対象や結婚相手として見られなくなった」
  • 「お見合いの時に、ペットの犬のYouTubeをやってると聞いて、検索してみたら、犬よりも動画に映っていた家の汚さにびっくりして、交際終了した」
  • 「加工しまくった自撮り写真ばかりの女性に引いた」
  • 「ネットワークビジネスをしている人だったのが、SNSで発覚。一気に冷めた」

婚活中の中高年・熟年シニア世代の方は、SNSにどんな投稿をしているでしょう?私が実際に見たもので、好感を持ったものを挙げていきます。

婚活中のシニアのSNSで好感が持たれやすい投稿

年齢に関係なくSNSにありがちなのが、自分をキラキラしている女性に見せたいあまりに、加工しまくりの自撮り写真を載せて、優雅で素敵な生活を演出してしまう女性です。

ですが、「婚活」という視点で考えたら、お金がかかりそうな華やかなイメージよりも、素朴で庶民的な方が男性ウケがいいです。

シンプルな朝食のお写真や、おいしかったスイーツのお写真。お花のお写真など、親近感のあるお写真でしたら、お見合い相手に見られても悪いイメージは持たれません。

他に、旅先などの風景写真や、外食したお料理の写真・お孫さんとのひとコマなど、あたりさわりのないものでしたら、男女問わず問題ありません。

どんな投稿がOKで、何がNGなのか分からない方もいらっしゃるでしょうし、正直なところ、SNSはおすすめしません。
どうしてもやりたい場合は、アカウントにをつけて、非公開設定にした上で、誰にでも見られる環境じゃない状態で楽しむと婚活相手に見られて失敗するリスクもありません。

SNSの利用法については、婚活中じゃなければ、好きに自己表現したら良いことも、お見合い相手が見た場合のことまで考えて、利用しなければいけなくなりますので、注意しましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

他に、ご自分のアカウントのプロフィールの「アイコン」について、こんな記事もございます:「シニア婚活中の50代・60代の方に多いLINEアイコン写真をご紹介します

Tags

趣味
立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ