youtube 電話 お問い合わせ

結婚相談所の婚活は【年会費】【月会費制】どちらが得か~メリット・デメリットをご紹介します

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

今日は、結婚相談所の料金体系のお話をしたいと思います。

結婚相談所A社と結婚相談所B社、例えば、この二つが、IBJと良縁ネット、二つの結婚相談所の連盟に加盟している結婚相談所だとします。

同じ連盟に加盟しているということは、見られるお相手プロフィールは同じ情報です。

A社とB社の料金体系は、A社が月会費制、B社が年会費制。

どちらが、お得か、メリットとデメリットをご紹介したいと思います。

「月会費制」の結婚相談所のメリット&デメリット

◆初期費用が抑えられて、婚活を始められる

月会費制の場合、結婚相談所の入会金・登録料だけで、その後に毎月のお支払いがあるので、最初にかかる金額は安くなります。

結婚相談所での婚活を迷っている方にとっては、いきなり10万円以上の高額なお金を支払うよりも、ハードルは低くなるので、入会しやすいです。

ですが、毎月の月会費を考えると、トータルしたら年会費の結婚相談所よりかえって高くついてしまった・・・ということもございます。

◆会員期間がない結婚相談所もある

その結婚相談所を退会しない限り、月会費さえ払えば、ずっと会員として婚活することができる、ということもございます。

こちらのデメリットとしては、ダラダラ婚活をしてしまう可能性がある、という点です。

婚活は、期間を決めて集中してお相手探しをした方が当然結果も出ますし、婚活のモチベーションというのは、2年も3年も保ち続けられるものではありません。

◆スピード成婚した場合、婚活費用が最小限で済む

結婚相談所に入会されて2、3ヶ月でご成婚退会した場合、年会費制の結婚相談所よりはずいぶんお得に婚活をしたことになります。

ただ、2,3か月でご成婚退会する方がどのくらいいらっしゃるかというと、それは稀です。結婚相談所では、出会ってからご成婚までは早くても、平均するとだいたい10ヶ月でご成婚に至る方が多いです。こちらはご年齢関係なく、20代~中高年・熟年シニア世代まで、ご自身がパートナーと出会うために、「自分がどんなお相手を求めているのか」「どんな方が自分をいいと思ってくれるのか」でバランスをとる作業を最初の半年くらいかけて、皆様なさっているイメージです。

「年会費制」 の結婚相談所のメリット&デメリット

◆婚活にかかる費用が高額に感じてしまう

何かお買い物をすると、物は手元に残ります。ですが、結婚相談所の場合は、プロフィール情報や婚活サポートなどの“お見合いサービス”という目に見えないものを買うわけですから、実体のよくわからないものに高額なお金を支払うことに抵抗を感じる方も多いです。

だからこそ、安心して婚活できる結婚相談所を慎重に探さなければという意識も芽生えてきます。

◆定められた会員期間の中で集中して婚活ができる

前述にも記載しましたが、活動期間がない場合、婚活もダラダラしてしまうがちです。

よくお客様に「1年たって、会員期間が満了になった時に結婚が決まっていなかったらどうするんですか?」言われます。でも1年で結婚を決めるつもりで婚活を頑張っていただきたいのです。

ジムに入会したものの、月会費だけ支払って、結局全然通えていない・・・ということはよくあります。結婚相談所も月会費だとこういう現象に陥ってしまうリスクもあります。

そして自信をなくして婚活に疲れてしまい、結婚のモチベーションが下がってしまう、ということも1年間の中で必ず一度はございます。

月会費制だと簡単にやめてしまえますし、諦めやすい傾向もあります。年会費制だと、ある程度「覚悟」をもって結婚相談所へご入会されるので、モチベーションが維持しやすいです。

結婚相談所ブライダルゼルムは、「年会費制」の結婚相談所です

月会費制と年会費制の結婚相談所のメリット・デメリットをお伝えさせていただきました。

月会費制の結婚相談所が主流となりつつある中、結婚相談所ブライダルゼルムが年会費制なのは、こういった観点からです。ご成婚率が高い理由も料金システムにございます。

その他、結婚相談所の料金についての記事はこちらをご参考になさってください。

過去記事:結婚相談所の成婚料について

結婚相談所の婚活費用について(アドバイザーの松田のブログ)

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ