youtube 電話 お問い合わせ

結婚相談所の成婚退会前の【交際マーク】についての素朴な疑問にお答えします

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

春だからなのか、にわかに会員様方のご交際も成婚間近、という方が何名もいらっしゃいます。

今日は結婚相談所でカップルがご成婚する、そのちょっと前の段階のお話です。

プロフィールにある『交際マーク』とは?

結婚相談所のお見合いサービスの会員データ閲覧していくと【寿】マークの他に

【交際】マークというものがあります。

このマークは、『真剣交際(本交際)中の人がいて、他の人とはお見合いをしません。』というマークです。

お見合い→仮交際中のデート→正式にお付き合い(真剣交際・本交際)と順調に発展していった時につけます。

このマークがついたカップルはほぼご成婚退会寸前。

ご交際相手に『他の人とお見合いをしていないよ』という意志表示にもなります。

お互いこのマークをつけたら、ご交際に対する気持ちをより強固なものに出来て、安心してお付き合いができますし、「実は他にもお見合いやデートしている人がいるんじゃ・・・」と不安になることもなく、お相手に対して、信頼感も生まれます。

それに他の、お相手捜しをしている会員さんに対しても交際中だと分かるので、無駄なお申し込みが省けます。他の会員さんのためにもいいことだと思います。

『交際マーク』をつけないで成婚退会する場合もあります

あくまでご本人同士のお気持ちの問題なので、特に交際マークにこだわりがなく、プロフィール上につけずに真剣交際になるカップルもいらっしゃいます。

交際マークがついていないから、仮交際中で本交際ではない、ということでもありません。

結婚相談所側としては、真剣交際になったと報告を受けたら、交際マークをつけることを提案した方が、ご成婚までスムーズにお付き合いが進展しやすいメリットはあります。

『交際マーク』は1人だけじゃなく、お二人が同じタイミングでつけましょう

交際マークはカップルが同じタイミングでそれぞれつけましょう。自分だけが交際マークをつけたのに、お相手が交際マークをつけることを快諾していない場合は、まだ一人に絞って交際する決断ができない気持ちの熱量だったり、他にも仮交際中やお見合いの予定があったり、交際マークをつけられない事情が何かしらあります。

ここであまり強要するのも、かえってよくないので、交際マークのお話は、結婚相談所側からお話があるまで、ご自身から積極的にしない方がいいと思っています。

『交際マーク』をつけても、交際終了になることもあります

交際マークをつけたとしても、油断は禁物。あくまで、仮交際の“おためしデート”期間から、本交際に進展しただけなので、お互いにさらに突っ込んだ結婚前提のお付き合いをしていくにつれて、仮交際中には分からなかったことが見えてきたり、色々なお話をしていくうちに、結婚に対するイメージに相違ができてしまったりして、交際終了となるケースもあります。

結婚相談所の『交際マーク』なんとなくわかりましたか?

交際マークについて、ご説明させていただきました。

私としては、あまりこういった交際マークなど、システム上のステータスに固執せず、のびのびと交際して、お互いが真剣にお相手と思い合い、結婚の意思が自然と固まっていけばいいと思っています。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ