youtube 電話 お問い合わせ

【56歳女性の婚活ストーリー】優柔不断な交際相手に対する婚活サポート

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー池三津です。

コロナ渦ではありますが、ご成婚退会される方が続いております。

今回ご紹介させて頂く方は、先日のブログで婚活成功体験談を寄せてくださった56歳女性会員様(Y様/千葉県在住・事務職)です。

結婚相談所での活動期間は、4ヶ月。お見合いから成婚退会までが3ヶ月でした。数字だけ見るとスムーズですが、短期間で結婚相談所を成婚退会することが出来たのは、結婚相談所ならではのシステムや婚活サポートが結んだご縁でもあります。

Y様の婚活成功体験談はこちらです:お見合いパーティから方向転換して婚活成功!56歳女性の再婚ストーリー

そんなY様が結婚相談所で成婚退会するまでをお伝えしてまいります。

ご成婚相手との交際の流れ

お相手男性M様(57歳・埼玉県在住・会社員)

Y様の結婚相談所で婚活された約4ヶ月間の間、実際のお見合い人数は7名でした。ご成婚が決まったM様は、4人目のお見合い相手でした。

お見合い後、週1ペースでデートを重ね、交際から2ヶ月経過した時点で、交際状況について確認したところ、「M様に対して、好意を抱いているので、今のところ他の方とお見合いをするつもりはありません。」とのお返事でした。

お二人のプロフィール上に「交際マーク」のご提案

シニア世代の場合、通常ですと、10回もデートを重ねていれば、男性から「お家を見て頂きたい」とお招き頂いたり、結婚後の具体的な生活がイメージできるような一歩前進したお話が出来ているものです。ですが、こちらのお二人は「ただ楽しいだけのデート」を順調に重ねているだけで、女性が、男性のお気持ちを今いちよく分っていない状況でした。

そこで私から、M様の担当婚活アドバイザーの方に「真剣交際マーク」のご提案をさせていただきました。

結婚相談所では、

  1. お見合い
  2. 仮交際
  3. 真剣交際マークを付ける
  4. ご成婚退会

という手順を踏むのが一般的です。中には、プロフィール上に「真剣交際マーク」を付けずに「ご成婚退会」される方もいらっしゃいます。ですが、Y様のように今後の展開が読みづらいケースにおいては、真剣交際マークをつけることで、お相手のお気持ちの確認も出来ますし、成婚退会までスムーズに交際を進めやすいので効果的な促し方なのです。

詳しくはこちらの記事をどうそ:「結婚相談所の成婚退会前の【交際マーク】についての素朴な疑問にお答えします

ですが、M様からのお返事は「まだ真剣交際マークは付けられない」とのお返事でした。

「真剣交際マーク」を断られた後の急展開

順調にデートを重ねていたはずなのに…Y様の期待を裏切ることになり、がっかりさせる結果となってしまいました。

「真剣交際マーク」をつけないまま、交際期間3ヶ月を迎えようとしておりました。真剣交際に進めないM様との交際を延長するかどうか確認をしたところ、Y様は少し迷っておりましたが、私はこのようにアドバイスをしました。

「真剣交際マークを付けずにこのまま交際を延長しても、M様がこっそり他の方とお見合いやデートする可能性もあります。無駄に時間を費やしてしまっては、結婚相談所で出会う意味がなくなります。」Y様も私のアドバイスに同意でした。

女性の気持ちが成婚退会したいと固まっているのに対して、男性に決断力がない場合、ほとんどの場合、女性の気持ちは離れてしまいます。

もう交際期間も3ヶ月経過していましたし、M様の担当婚活アドバイザーの方に、「Y様は、交際延長は望んでいない」旨をお伝えしました。成婚退会という結論が出せない場合は、交際終了にするしかないということを意味します。

結婚相談所ならではのサポートで婚活成功

結果として、M様はプロポーズする気持ちを固めることができました。

結婚相談所の3ヶ月という交際期間のルールや、交際マークというシステム、お気持ちを仲介してお伝えする婚活アドバイザーの存在がなければ、M様の気持ちを「成婚退会」へと押し上げることが出来なかったかもしれません。結婚に対して慎重になりすぎて、優柔不断な態度でいたことをM様も申し訳ない気持ちになったようでした。Y様の誠実な対応が、最終的にはM様の気持ちを動かしたのです。

今回のようなケースでは、婚活アプリや出会いパーティーなどの出会いだった場合、きっと曖昧なお付き合いをだらだらと続け、また同じことを繰り返してしまっていたかもしれません。

「この結婚相談所に入ってて良かった」そう思っていただけるサポートができました。

池三津 秀旗(ブライダルゼルムアドバイザー)

婚活アドバイザー歴17年目。女性アドバイザーが多く占める結婚相談所業界において、男性目線でのサポートができる貴重な存在。団塊ジュニア世代に生まれたこともあり、数多くのシニア世 代の方へのサポート実績あり。ねるとんパーティ時代を経て、自らも3,000 回以上のパーティ司会を努める。

プロフィールページ