youtube 電話 お問い合わせ

68歳女性の婚活成功体験談と心温まるお手紙をご紹介

こんにちは、東京・銀座で30年、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

60代以上の女性会員様のご成婚報告が続々と出ています。コロナ禍のため、お二人揃ってご来社する機会がなかったり、新生活のご準備でお忙しいので、郵送にて成婚退会手続きをされる会員様が多い今日この頃です。

今回、ご紹介しますのは、先日ブログでもご紹介しました68歳女性様の体験談です。成婚アンケート以外にも心温まるお礼のお手紙もいただきました。

こちらの女性会員様です!

成婚退会後の男性の生活の変化

お写真からも分かりますように、8枚もの長文のお手紙に、成婚退会後の生活の変化などが綴られていましたので、一部抜粋してご紹介いたします。女性の力によって、どんどん健康的で生き生きとされていくお相手男性のご様子が伝わり、感激しました。

松田様

大変お世話になりありがとうございました。思っていた以上にお見合いの申し込みがあり、沢山の方にお会いして本当に良かったと思いました。色々な方がいらして、それぞれの人生をお聞きし、とても良い経験をさせていただきました。

〇〇さん(お相手男性様)でいいのか・・・と迷い、お人柄はとても良い方なのに、歩く速度など健康に不安があると話したら、松田さんは「よくあるパターン」とアドバイスくださり、おいしい食事や散歩などで見違えるように元気になると言われました。今、まさにそれを実感しています。

先日、彼のマンションで豚汁を作ったり、食材を持って行って、お料理をしたのですが、私が金目鯛のひらきや鮭の塩こうじ漬けを一度も使っていない魚焼きグリルで焼いたら、彼も自分からホッケを買ってきて焼いて食べるようになりました。

私も健康おたくなので、たんぱく質や野菜を多くとるように話し、以前より食生活も変わり便秘も解消されたそうです。毎日車で買い物に行っていたのを歩くようにすすめ、今は毎日スーパーの往復で30分歩くようになりました。

根が素直な方なので、すぐに受け入れて実行してくださるので、最近は声も元気になってきました。

家計簿も見直し、これから二人で色々話し合って生活していける手応えを感じています。私と色んな所に出かけたいから、働きたいと考えるようにもなったようです。

私が引っ越して、生活が落ち着いて、もっと彼の体力がもう少しつかないと無理だと思いますが、褒めて気分を盛り上げています。

松田さんは、私が交際をこのまま進めていいか迷って、お見合いパーティーに申し込んだ時も「〇〇さんにしなさい」と強制はしませんでした。だからこそ、色んな方にお会いして納得して、彼のプロポーズを受けられたと思っています。良い方に巡り逢えてよかったです。

余談ですが、私たちが住むマンションは築30年でも人気で空き待ちの方もいるみたいです。松田さんにはアドバイスをいただき感謝しております。住民票や入籍のこと、まだまだ松田さんに頼ると思いますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

68歳再婚女性のご成婚アンケート

◆お相手男性の成婚退会の決め手

  • 誠実で正直で真面目
  • 二歳年上なのに、申し込みをしてくれた
  • 初婚の男性なので、(前妻と)比較されることがない

初婚の熟年男性は、交際中こそ不器用で距離感が縮まりにくいことも多々ありますが、実はメリットも沢山あります。初婚男性×再婚女性の組み合わせは多いんです。

◆これから婚活する60代女性へメッセージ

  • 自分を高める努力をし(趣味・教養・知識)、お相手に気に入ってもらえるようにする。
  • 常にポジティブシンキングで、明るく楽しく生きる。
  • お相手にどんなことを求めるか、はっきりさせる。(私の場合は、金銭面よりお人柄を重視しました)
  • 納得するまでなるべく沢山の方にお会いする。

◆ブライダルゼルムの婚活サービスについておすすめしたい点

松田さんに色々お話してアドバイスを沢山いただいたので、交際期間が一ヶ月で成婚で来たんだと思います。松田さんは率直で辛口のところもおありですが、的確で納得できる助言をくださり感謝しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。女性のご成婚報告が続いているので、またご紹介させていただきます。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ