営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2018.01.06 ◆メディア取材履歴(58)

夕刊フジ:シニア婚活でモテる男性は?取材していただきましたPART2

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。

夕刊フジのコラムに立花が取材していただきました。

【定年後 難民にならない生き方】

今回で第2回目になります♪
前回はこちら→シニアの「婚活市場」活況、過去10年で約10倍増。お見合いに進めば成婚率5割に

今回は、
シニア向け婚活でモテる男性は? オス全開の姿勢は不利、経済力も重要
(以下、記事転載です♪)

すみやかな入籍を望む人もいれば、事実婚によるパートナーを希望する人もいるという「シニア婚活」。では、どのような男性がモテるのか。シニア向け婚活パーティーを数多く主催するブライダルゼルム(東京・銀座)の婚活アドバイザー・立花えりこ氏に聞いた。

「女性に対してガツガツしていない男性が好まれる傾向があります。個人差もありますが、更年期との兼ね合いで“あまりに性的なものを求められてもちょっと……”と敬遠する女性が少なくありません」

何歳になっても現役! とオス全開の姿勢は婚活市場ではむしろ、不利なようだ。さらに、経済力もシビアにチェックされる。

「定年後の世代で言うと、年金をしっかりもらえるかどうかは重要なポイント。また、“持ち家かどうか”を気にされる女性が多いのも、若い世代の婚活とは大きく違う点かもしれません」

将来性で勝負できる20~30代の婚活と異なり、シニア婚活は結果ありき。どのような人生を歩み、資産を形成してきたかが問われる。

シニア婚活の参加者はバラエティーに富んでいる。配偶者と離死別した人もいれば、仕事や介護などさまざまな事情で独身生活を続けてきた人もいる。

「ご自身は初婚でも、お相手には結婚経験を求める女性は思いのほか多いです。でも、『ずっと独身でこられた方は資産が崩れている心配がありませんよ』とお伝えすると、たいていハッとされます」と立花さんは笑う。

離婚経験がある場合、元妻と財産分与をして、まとまった預貯金がない場合、多額の養育費を支払っている可能性もある。また、離死別に限らず、子供がいると入籍を反対されたり、遺産相続でもめたりする可能性もある。独身であれば、こうしたしがらみとは無縁なのだ。

ちなみに、年金の額もさほど期待できず、持ち家でもないという男性の場合はどうなのか。

「『年金は少ないが、貯蓄は一定額以上ある』『健康で60代以降も働き続ける予定』など他のアピールポイントがないと正直、お見合いは苦戦されると思います。ただ、シニア婚活は経済的に自立している女性が中心。中には夫の遺族年金や、持ち家がすでにある方も少なからずいらっしゃいます。条件が全面に出ない、フィーリング重視の婚活パーティーを中心に活動されると、チャンスが広がるかもしれません」

経済力がもたらす格差は若い世代の比ではない。ある意味、シニア婚活は人生の総決算とも言うべき場なのである。

■島影真奈美(しまかげ・まなみ) ライター/老年学研究者。1973年宮城県生まれ。シニアカルチャー、ビジネス、マネーなどの分野を中心に取材・執筆を行う傍ら、桜美林大学大学院老年学研究科に在籍。「ホテル業界の高齢者雇用」をテーマに論文執筆を進めている。

========================
過去ブログのモテるシニア男性、どんな50代60代男性を女性は求めてるのかを題材にしたブログも載せておきますね(^o^)

◆【40代50代60代の婚活】モテる・モテないお見合いパーティーの服装

◆【60代70代】モテたい!モテない!出会いたい!お見合いパーティから交際へ進展できないシニア男性の失敗例

◆シニア世代お見合いパーティー攻略法~身だしなみや振る舞いなど

◆【シニア婚活】男性は低姿勢でスマートに~威張らない・ケチらない・エロさを出さない

今日もこのブログにお立ち寄りくださりありがとうございました♡(^ω^)

立花えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり14年目。
2人に1人は成婚する成婚率の高いアドバイザー。
20代~シニアまで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。
【婚活のみかた】【お1人さま倶楽部】【コラミ~】コラム掲載中。
メディアではシニア婚活有識者として注目。
東宝映画「後妻業の女」協力など、メディア取材履歴はこちら

Tags

シニア婚活60代取材50代