youtube 電話 お問い合わせ

【60代70代】モテたい!モテない!出会いたい!婚活パーティから交際へ進展できないシニア男性の失敗例

こんにちは、銀座の結婚相談所Bゼルム婚活アドバイザー立花です。本ブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

お見合いパーティーの後、カップルになったお客様から報告のお電話をいただきました。

お客様(60代♂)「いやぁ~今回もダメだったよ~」

「あら・・・・(´Д`)なんでダメになっちゃいました?」と聞いてみると、

お客様「彼女は結婚希望だったんだよ~」

私「えっ◯◯さん(このお客様)って結婚希望じゃないんですか?なにか結婚できない事情があるんでしたっけ?」

お客様「そりゃね、いい人だったら、俺も結婚してもいいと思ってるよ。でもそんなの実際付き合ってみないと分からないじゃない?

とのこと。実はこういうパターンはとっても多いのです!どんな点が原因だったかわかりました??

「付き合ってみないと分からない」という言葉は婚活ではタブー

  • 真剣度が高く縁があれば結婚を・・・と思っている多くの女性からしてみたら、「付き合ってみないと分からない」という男性の発言というのは、遊び人のような、=「そういうこと(つまりH)をしてみないと、付き合おうとかよく分からない」って言われてると勘違いしてしまう可能性が高いです。
  • 彼女が、即入籍したいものなのかと勘違いしていた点(女性も、付き合ってみないと、わからないと思っているはずです。
  • お相手の女性も彼はきっと結婚希望じゃないと判断した。

せっかくカップルになれたのに誤解されてしまったんですね。

お互い「いい人がいれば結婚希望だったのに…

じゃあ、今回のケースはどうすればよかったでしょうか。

彼も結婚願望がちゃんとあることをやんわりとアピールして、普通にデートすればよかったと思います。

2,3回デートするうちに、恋愛対象として、アリかナシかは分かってくるものですし、だめになるものは自然とだめになりますから。恋愛関係に発展するかもしれなかったチャンスを、そんなことで早まってふいにしちゃうなんて、もったいなかったように思います。かまえすぎてしまったんですね。

仮に、女性側が結婚希望じゃなかったとしても「いい人がいてご縁があれば、いずれは結婚も・・・」と的なことを、建前として一応言う女性もいらっしゃると思います。

婚活パーティーでは、1人1人まわってくる男性に、自分が結婚希望じゃない理由を説明する持ち時間はないですし、結婚希望じゃないということを話したら、ひょっとしたら遊び目的の男性も近づいてくるかもしれません。

女性としてそれは避けたい方がほとんどでしょうし、結婚願望がある=多少の綺麗売りなのかもしれません。

今回の男性のケース、女性側のお気持ちをお伝えしたら、「あぁ~!(´Д`)そうかそうだよねぇたしかに…」とおっしゃっていました。

婚活パーティー・お見合いパーティーでモテない!というシニア男性は

結婚相談所では、プロフィールが事前にその人のいいところ、イチオシポイントをアピールしてくれます。お相手から「お見合いしてみたいな」っていう魅力的なプロフィールを私たちアドバイザーも作るのも私たちのお仕事。

お見合いパーティーでは、短い時間、自分自身で自分のいいところを相手にアピールしなきゃいけません。

自慢たらしくなく、いやみではなく、貧乏くさくなく、ポジティブな自己アピールができていますか??

婚活パーティーでの失敗①モテない男性は自己アピールが下手!

いつもお見合いパーティーでカップルになれない・カップルになってもその場かぎりで終わってしまう男性は、女性の印象がアップするような、うまい言葉の使い方ができず、お相手に誤解されてしまうパターンが多いです。同じ内容でも言い方1つで相手の受け取り方は全然ちがうですね。

例:定年後、アルバイトもしくは年金生活の男性、お仕事を聞かれた場合

◎お見合いパーティーでモテるタイプ:「定年退職して今は年金くらしなので時間的にも余裕ができたので誰かいい人と出会いがあればなぁ~って」「定年退職して、まだまだ元気だしアルバイトもしています。」

あとは定年前にどんな仕事をしていたかプラスする。(←女性が知りたいのはここ)

☓モテないタイプ:「なーんもしてない。無職で暇」
(定年退職したのにも関わらず「クビになったから今は何もしてない」(たぶんわかりやすく女性に言ったつもりだった)
「生活保護もらってる~」(←本人はギャグのつもり)

例:わりと遠くからわざわざ銀座のお見合いパーティーへ参加している男性の場合(例えば水戸とか群馬とか大宮とか那須とかあたり、もしくはもっと遠く)

絶対に会話の中で「わぁ~遠くから来てるんですね~!」ってなります。

◎お見合いパーティーでモテるタイプ:「遠い!って思わいきや、電車で1本だし近いから月2,3回は都内に出かけることが多いんです~」

☓モテないタイプ:「電車で1本だよ」→これ以上会話が広がらない。

===========================

婚活パーティーでの失敗②自分のことを話さず、お相手を質問攻めしてしまう

「どこ住んでるの?」「結婚は?」「なんで結婚しなかったの?」「子供はいるの?」「親は元気なの?」「仕事は何してるの?」

お見合いパーティーの最初のファーストトークでは、10名前後の人と自己紹介を1:1でし合うので、同じ会話を何度も繰り返す羽目になります。なのですごく疲れてきますし、初めてパーティーという人は特に、何がなんだか、誰がどれだか???状態。特に男性は女性が好みのタイプだと色々と聞きがち。

何か1つ質問をして答えをもらったらそこから会話を広げていくような感じのイメージで、質問攻めは避けましょう。

婚活パーティーでの失敗③自分の話したいことだけ、自分語りして、お相手との会話をしない

おしゃべりが好きな男性に多いです。あと自分にものすごい自信があるようなタイプ。こういう方は、案外、経営者や条件がいい男性だったりするので、そこに女性は惹かれてカップルにはなるにはなるものの…人に合わせようとしない自己中な振る舞いに女性がついていけないと逃げらてしまうタイプ。

自分の話したいことだけ話すのではなく、会話のキャッチボールをして、楽しくお話し合えるように心がけましょう。

婚活パーティーでの失敗④お見合いパーティーに慣れてる感じが出てる

ほとんどの女性のご参加者の皆様は、多少なりとも緊張していますし、勇気を出してお見合いパーティーに参加しています。

なので、パーティー会場全体を観察しています。男性の参加者がお見合いパーティーの常連ぽい感じ、慣れてる様子をわりと敏感に察知します。

ここで女性が見たくないのは【こなれ感】。ファッションでは、「頑張っておしゃれしてきました」感を出さず、簡単に着こなしている様子を【こなれ感】と言い、今当たり前のように使ってるワードですね。

私もドヤ顔で使ってます。でもこなれ感も抜け感も醸せてない(゚ω゚)でもお見合いパーティーでこなれ感を出すことは、NG!

「あぁこの人はただお見合いパーティーに遊びにきてるだけなのね」と思われてしまいます。

【ちょっとお見合いパーティーに、緊張してどきどきしている風】で新鮮なリアクションをとること。これが男性の綺麗売りです。

「立花さん、電話だと親しいのに、会うとそっけないじゃん」と男性のお客様にたまに言われますがわざとです!!!私が親しげだったら、それだけでもう常連臭がしちゃいますし(^_^;)一応気を遣っているんですよ♡

シニア婚活、女性の求めているものは「安心感」

60歳をすぎたら、男性って実は格差がなくなるんです。ほとんどの方が年金暮らしになりますから、現役の時に公務員でも大手企業会社員でもわかりません。

お見合いパーティーだとどんな人がくるかわからなかったり、お相手に対して少し警戒している部分は少なからずあるので、安心感を短時間で印象として女性に残すことができる男性は、モテます。

その安心感というのは、経済的な部分も大きいです。なのでぶっきらぼうに「定年して無職」だけではアピールが弱い。

女性からたま~に「なんか・・・年金生活のばっかりでがっかりしちゃったわ」なんて言われたりもしますけど、女性も、男性の表面だけじゃなくて60代以降はその裏側を見ないと、いい出会いも見逃してしまいます。でもそれってお見合いパーティーだとやっぱり難しいですよね。

私の会員さん同士でご成婚したカップルも「この2人がパーティーで出会ってもこうならなかっただろうな」という思うことが多いです。だから、早くパートナー探したいという60代は結婚相談所を選択する方も本当に増えています。

お見合いパーティーは結婚相談所とちがい、ほんのすこしの誤解や認識のズレ、すれ違いで壊れてしまい疎遠になりかねないほそ~い糸みたいなご縁。それをしめ縄レベルの確かなものにするためにはある程度の印象UPな言葉選びだったりテクニックを身につけていかないと、同じことの繰り返しです。

その他、身だしなみなど、こちらの記事もご参考に♡

シニア世代お見合いパーティー攻略法~身だしなみや振る舞いなど
【シニア婚活】男性は低姿勢でスマートに~威張らない・ケチらない・エロさを出さない

結婚相談所ブライダルゼルムでは、こういった都度払いで参加可能な出会いパーティー以外に、1:1でのお見合いでお引き合わせするお見合いでのお相手探しをご提案しています。

現実的な条件が、若い世代より気になる、中高年・熟年シニア世代こそ、結婚相談所でのお相手探しが幸せの近道ですし、この世代はパートナーを探すことに時間をかけてはいられません。

結婚相談所で婚活をご検討中の方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ