youtube 電話 お問い合わせ

【婚活成功の秘訣】沢山の人とお見合いした方がいい理由

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。

婚活サービスを利用された方が、ご成婚までお見合いする人数は1年間という活動期間でみっちり婚活した場合、平均すると10~15人くらいです。私がこのように言うと「毎月1人ペースくらいでお見合いするのね」「意外と少ないんじゃない?」と思われる方も多いはずです。

一例をご紹介していきますと、例えば、結婚相談所にご入会されてたあとは下記のような流れになります。

  1. すぐに4~5人くらいお見合いします。
  2. その中の1~2人と仮交際、デートする間柄になります。
  3. デートしながらもまだ本交際になるか様子を見ている段階のため、他の方ともお見合いしてみたり(これはお相手も同様ですしこの時点では二股という認識はないはずです)もします。
  4. 真剣にお付き合いしたいと思えるお相手と出会い本交際から成婚へ!

だいたい3ヶ月ペースでこのような流れになるので、お見合いを頑張ってこなす月もあれば、ご交際に集中している時期もございます。それを1年ほど繰り返していくと、このくらいのお見合い人数になります。

結婚相談所で婚活中の方には、「できるだけたくさんの人とお見合いをしていった方が良い」と考えております。前置きが長くなってしまいましたが、メリットやデメリット含めて、今回のブログでご紹介していきます♪

結婚相手のどこを重視するか~婚活は究極の自分探し

pasja1000 / Pixabay

「どんなお相手がご希望ですか?」とお伺いすると、「優しくてフィーリングが合う人」や「明るくて価値観の合う人」みたいな回答を7割くらいの方がおっしゃいます(笑)。でも『優しくなくてフィーリングが合わない人』や『暗くて価値観が合わない人』と結婚したいとは100%思わないですよネ(;^ω^)。

◆性格・価値観・フィーリング以外で『何を重視するか』の発見はお見合いしてみないとわからない

性格や価値観・フィーリングは合って当たり前です。それ以外でご自身が何を重視するかの発見はお見合いしてみないとわかりません。数あるお見合いプロフィールを見て「この方と会いたい!」と思われたプロフィールの人は、もちろん他の方も同じように思っているはず(沢山お見合いの申し込みもあるでしょうし競争率が高いです)。良いお見合いのお返事をいただくお相手選びのコツについては、過去記事をご参考になさってください。

◆ご自分の人を見る目を疑ってみる

もしかしたらあなた様自身が、「自分にはこういう人が合う」「こういう人と結婚したい」という考え方自体が間違っている可能性もございます。バランスがとれていないお相手をいくら希望しても、そもそもお相手もご自分と会いたいと思っていただけない限り、お見合い自体成立しません。

例えば、40代初婚女性でしたら、下記を並行してお見合いしてみます。

  • 同世代で平均的な年収の人
  • 10歳くらい上で年収が700万以上の人

初婚でも再婚でも、結婚歴にこだわらず、お見合いをしていきましょう。

  • 「私はやっぱり年が近い人がいい」
  • 「年上の方がリードしてくれていいな」
  • 「年収の多い人の方がいいな」
  • 「年収が普通でも自分も働くしいいか」

色んなタイプの方と会っていくうちに、下記のように、自分自身が『お相手に重視することが何なのか』わかってくるはずです。こういうお気持ちに至るには、たくさんお見合いして、色んなお相手を見てきて判断材料がないと分からないことです。

「私はもう男を見る目に自信がないので、立花さんがご紹介してください」といったような、『おまかせ婚活スタイル』の会員様がご成婚された時は「自分ではこの人のプロフィールは選ばなかったと思う」と皆さんがおっしゃります。それだけ、私たちアドバイザーから見て「合いそうだな」という感覚とご自分自身の相手を見る目にはズレがあるのだと思います。

たくさんお見合いしてきたからこそご縁に感謝ができる

pixel2013 / Pixabay

色んな人と出会ったからその選択に自信が持てる

先日ご成婚しました45歳男性(東京都在住・会社経営・再婚生別子供あり)ですが、今まで色んな女性とお見合いしてきて、今回のお相手(35歳再婚生別子供あり)との結婚の決め手をお尋ねしました。

「心の根っこがぴったりと合ったからです。条件ではなくそれが一番大切な事だと二人で確認出来ました。また、今後は、精神的な事だけではなく現実的な課題はこれから二人で話し合って決めていこうという話をしています。まずは、結婚相談所を退会して、相手を決めた上で、次に結婚するために必要な課題をしっかりと話し合いたいという事をお互いに確認しました。まだ、結婚したい意思はありますが、具体的な時期や住居の確定や、仕事の調整、母子家庭のケアなど課題は諸々あり、丁寧に進めています。」

お相手は、小さなお子さんのいるシングルマザー。40代の婚活男性には小さな子供がいる女性を結婚相手に選ぶことって、けっこうハードルが高いことだと思います。様々な人とのお見合いを経験したからこそ「条件ではなく、心の根っこがぴったりと合ったから」という選択でもあるのだと思います。

◆本当に結婚相手が見つかるのか不安な中ようやく出会えたお相手に感謝してこのご縁を大切に

今あなた様がご交際中やご成婚退会された後で、お相手に対してこんな気持ちを持てていないのであれば、もしかしたらあなた様は、婚活で何の苦労もなく今のお相手と出会い、ここまでこられたのかもしれません。でもそれすらも、本当はものすごくラッキーなことで、結婚相談所の婚活は効率よく相手を探すことはできるものの、そんな楽なものではありません。

苦労して婚活してやっと出会えたお相手だからこそ、結婚後もずっとご縁に感謝して仲良く、一緒に人生を歩んでいこうと覚悟ができるんです。そんなお見合い婚活、お見合い本数が多ければいい!というわけでもないタイプもいらっしゃいます。

お見合いのしすぎで1回1回のご縁を大切にできない

bosmanerwin / Pixabay

当初の『結婚相手を見つける活動=婚活』という目的を忘れ、最初からそれなりに自分に好印象を持ってくれて、そこそこ好みのタイプの相手とコンスタントに出会いがあるという状況に満足してしまってる方がいらっしゃいます。

「またすぐ次のお見合いがあるからいいか」とお見合いをこなす、ということだけ考えていたり。一期一会を大切にお見合いは臨む、という心がけを忘れてしまうと、いいご縁は結べませんし、お見合い相手にもそれは自然と伝わります。

ぜひ一度カウンセリングにお越しください

いかがでしたでしょうか?

  • 自分が本当は結婚相手のどの部分を重視するのか
  • どういう人が自分をいいと思ってくれるのか

やはり沢山の方とお見合いし出会ってみるということを続けていかないと、ご自身で実感することはできません。スケジュール的にも精神的にもかなり疲れてしまうことですが、それも婚活の中での成婚のプロセスとして受け入れてお相手探ししていきましょう。色んな人と出会ったから自信を持てるお相手探しも婚活の中にはあります。

「前の結婚相談所では全然お見合いができなかった」「お見合い自体が成立しない」とお悩みの婚活中の方も、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

なぜお見合いができなかったのか、自分の相手に求めるものが大きすぎたのか、はたまたその結婚相談所のシステムが合わなかったのか。また結婚相談所で婚活してもまた同じなのか、どのように婚活していけば結婚相手が見つかるのかを明確にして、ご一緒に解決していきます。

ブライダルゼルムでの婚活が結婚相談所2~3件目という方が多いのも、そういった婚活方法を提案できる結婚相談所であるからだと思っています!

今日も最後までお読みくださりありがとうございました!それではまた♪

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ