営業時間 / 13:00~20:00(平日) 11:00~20:00(土日祝)  定休日 / 火・水

営業時間
2018.10.05 お見合いのパーフェクトプロフィール(11)→♀婚活女性必読ブログ(113)

お見合いの申し込みが途切れない婚活女性のプロフィールの特徴

こんにちは、東京・銀座の結婚相談所Bゼルム 婚活アドバイザー立花です。

むむむ。超美人!美魔女!アイドルみたいなルックス!というわけでもない。

なのに、ハイステータスな男性からもお見合いの申し込みがたくさん来るし、彼女の希望条件の男性からもありがたいことにお見合いの申し込みをいただく。

自分が申し込んだ人から高確率でお見合いOKのお返事がくる。

そんな100点満点の婚活女性プロフィールを見て、特徴をまとめてみました。

 

婚活男性が結婚したい女性のタイプは実はこの3点が重視されます

お見合いの申し込みが途切れない女性にはこんな共通点がありました。

ポイントはこの3つ↓

1.プロフィール写真が歯が見えている親しみやすい笑顔

2.家庭的な一面がうかがえるメッセージや趣味

3.お金がかからなそう

つまりお見合い用プロフィールからこういう印象↑を男性に持ってもらえるようなプロフィール作りを心がけることが大切なんですね☆

 

プロフィール写真が親しみやすい笑顔=歯を見せる!

Giuliamar / Pixabay

今回、【婚活用神プロフィール】を選出したプロフィール写真の9割が、歯が見えているプロフィールでした。

口角をあげて優しく微笑む笑顔もNGではないですが、歯を見せてにっこりかわいく笑っている写真は「明るい印象」「気さく」「話しやすそう」「仲良くなれそう」そんなイメージを持たれやすいです。

当たり前ですが、女性は、女性のプロフィールを検索できないので自分を含め、他の女性がどんなプロフィールで婚活しているかはわかりません。

女性のプロフィールを検索すると一目瞭然なんです。

・スタジオで服もヘアメイクの婚活用にばっちり。にっこり笑顔。自分でも「奇跡の一枚」と思えるいい写真。

・スタジオでお見合い写真を撮影したのに、緊張していたのか笑顔がない。暗めのカラーで服のセレクトを間違えてしまっている写真。

・免許証?パスポート?駅などにあるスピード写真で撮ったんだろうなと思われる証明写真。(笑顔なし)

・結婚相談所で撮ったんだね、っていうお見合い写真。(服がけっこうカジュアル)

・スナップ写真。旅行先でお花畑が背景だったりの写真など・・・

これらの写真が、ずらーーーーーっと並んだら、男性はやっぱり、スタジオで撮影された見栄えのいいお写真に目がいきます。同性でもそうなります。

まずは、検索すると女性の写真だけが並んでいる状態なので、詳細開きたいプロフィール写真であることが大切です。

⇒お見合い写真はスタジオで、服装は白やピンクなど明るいカラーで、歯を見せてにっこり笑顔で

 

お金がかかりそうな女性は避けられる⇒趣味:旅行は意外にもNG!?

これは3番目の「お金がかからなそう」にも該当します。
ケチな男性ではなくとも、節約上手で金銭感覚がしっかりしていそうな女性が結婚相手にはいいなと思うのは当たり前。

お金がかかりそうな女性を婚活男性は避けます。

趣味が【海外旅行】のイメージ:しょっちゅう旅行に行きたがるかもしれない。

なにげなく書いた趣味でもそういう心配をする男性もいるようです。

お金がかからなそうなインドアな趣味を載せて、本人からのメッセージなどで「ご縁があった方と旅行などお出かけするのが楽しみ」くらいに留めておくのも有効だと思います。

⇒神プロフィールの趣味の多くは、【料理】(これはもうダントツで必須)
【読書】【映画・DVD鑑賞】【散歩】【ジョギング・ウォーキング】なども〇

 

いかがでしたでしょうか?

婚活女性のプロフィールも、神プロフィールと呼べる100点満点のものから、本人メッセージも相談所の推薦コメントもないそっけないプロフィールまで、ピンキリ。

お見合い用のプロフィールはあなたの顔と同じ!

厚化粧で盛りすぎの顔も恥ずかしいし、すっぴんで結婚相手を探す人はいないと思います。

自分が一番良く見えるポイントを押さえて、長所や素晴らしいところをプロフィールがかわりに相手に伝わるようなプロフィール作りを、担当アドバイザーと相談していきましょう。

今日も最後もまでお読みくださりありがとうございました。

立花えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

業界最年少で婚活アドバイザーとなり14年目。
2人に1人は成婚する成婚率の高いアドバイザー。
20代~シニアまで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。
【婚活のみかた】【お1人さま倶楽部】【コラミ~】コラム掲載中。
メディアではシニア婚活有識者として注目。
東宝映画「後妻業の女」協力など、メディア取材履歴はこちら

Tags

プロフィール