youtube 電話 お問い合わせ

婚活に悩んだ時は担当以外の婚活アドバイザーにご相談も可能です

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

先日、「男性アドバイザーの池三津さんに相談したい」と私が担当している50代の女性会員様がご来社されました。ご相談内容は、

  • 男性目線で、彼女ご自身のお見合いプロフィールを見てどういう印象を持つか
  • 50代女性の場合、どういう男性にお見合いの申し込みをしたら、OKをもらえる確率が上がるのか
  • 「褒める」ということが苦手で、どのように褒めたら男性は喜ぶのか
  • 男性との会話のふくらまし方

このような内容で男性目線のアドバイスが欲しかったようです。逆に男性会員様が、私と話して女性目線でアドバイスが欲しいというパターンもあります。

他に多いのが、死別経験のあるアドバイザーの松田は、同じく死別をご経験された会員様から、ご相談をよく受けています。

タイプの違うアドバイザーからも違った視点でアドバイスが受けられる

婚活に自信がなくなってしまった時、別の婚活アドバイザーのお話も参考までに聞きたいという会員様は、意外といらっしゃいます。

ブライダルゼルムの婚活アドバイザーは、シニア世代の婚活について、専門的な知識を持っていますし、アドバイスする内容は一貫していても、誰のどんな言葉が会員様に響くのかはわからないものです。

結婚相談所ブライダルゼルムは、男性・女性・シニア世代のアドバイザーと、それぞれタイプがまったく違うアドバイザーが揃っています。会員様がご希望がございましたら、アドバイザーそれぞれの視点での意見を聞くことができます。

例えば、私はこのブログのおかげで、私の仕事ぶりや婚活に対する考えなどを知っていただく機会を持てました。自分が担当していない会員様もこのブログを読んでくださっているので、たまにお電話や面談でご相談いただくこともあります。

こういったほんの些細な、でも結婚相談所で婚活する会員様にとっては意外と大切なことも、ブライダルゼルムでは行っています。

現在、ブライダルゼルムで婚活中の会員様には是非知っていただきたいサービスですし、結婚相談所の婚活をご検討中の方にもご参考にしていただければと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり17年。シニア世代の婚活を中心に様々な情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、女流作家中村うさぎ氏との対談のほか、女性紙でのコラム執筆など、メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ