youtube 電話 お問い合わせ

60歳初婚男性がご成婚退会に至るまで~結婚相談所ではシニアの初婚男性が人気

こんにちは、東京・銀座で28年目、結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー立花です。

結婚相談所ブライダルゼルムでお見合いサービスを受けている会員様は7割以上が50代からの中高年・熟年シニア世代で、男女比は半々といったところです。

婚歴に関しても、初婚(結婚歴のない方)再婚(バツイチなど結婚歴のある方)が半々。「この年で初婚の人って、そんなにいるの!?」と驚かれますが、意外と珍しくありません。

今回、めでたくご成婚退会されました60歳男性会員(F様・千葉県在住)も、初婚です。お相手女性は、58歳の再婚女性(埼玉県在住)の方です♪

結婚相談所での婚活期間は約半年。2019年年末にご入会いただきました。

「60歳で初婚なんて女性に引かれないか」

60歳男性F様が、結婚相談所にご入会前に一番ご心配されていたのは、結婚経験がないということでした。「今は男性も女性も、シニア世代になっても、結婚経験がない方は結構いらっしゃいますよ」とお話して、同世代の60歳初婚男女のプロフィールを検索してお見せしたところ、「他にもこんなに結婚したことない60代がいるんですね」と、その人数に驚いていらっしゃいました。

実は、結婚相談所ではシニアの初婚男性は人気です

これまでなぜF様が結婚経験がなかったかというと、「仕事ばかりしていて、結婚についてまったく考えたことがなかった」そうです。ご自身の婚歴を気になさっていらっしゃいましたが、まず、そのご心配をクリアにしました。実は結婚相談所では、シニアの初婚男性は需要があります。

実際にこのメリットを知らず、婚活を始めたばかりのシニア女性も、イメージだけで考えてしまいがちです。ですが、離婚や子育てを経験した男性よりも、結婚準備のための預貯金もあり、経済的に安心感が持てる方が多いというプラスな面もあります。過去ブログでも、初婚男性と結婚するメリットについて取り上げています。

過去記事:【お見合い婚活】婚歴にこだわる再婚女性~初婚男性と結婚するメリット

ブライダルゼルムに入会したきっかけ

「中高年シニアの婚活バスツアーの問い合わせをした時に(婚活について)他の方法もあると、案内されて入会した。」

二世帯住宅は嫌がられるのではないか

ご成婚相手との結婚の決め手になったことは、「料理上手で家庭的。母親と二世帯住宅で暮らすことを承諾してくれたこと」でした。

高齢の母親と同居という条件は、確かに女性にとっては面倒なイメージがあり、避けたい条件でもあります。

F様の場合は、玄関別で完全に独立型の二世帯住宅に母親とお住まいでしたので、そこをプロフィールで強調したのと、女性にご自宅を早く見てもらい、安心してもらうことを意識していただきました。

「初デートはいつも同じレストラン」

F様から初デートのお店選びについてご相談いただきましたので、リーズナブルで雰囲気の良いレストランをいくつかご紹介しました。

今思うと、F様はいつも同じレストランで初デートしていらっしゃいました。(笑)

ご交際中の心配事

緊急事態宣言が出てからは、お互いのご自宅で“お家デート”が多かったようですが、「彼女の家に行った時、洋服の多さにびっくりしてしまった」とのことでした。

(自分の家に、全部荷物が入るだろうか…)と心配になってしまったようです。「引っ越しになったら、新生活のためにいらないものを断捨離するでしょうし、そんなことは心配しないで大丈夫」とお話しました。

ご成婚退会、おめでとうございます

緊急事態宣言解除したら、お二人にお会いできるのが楽しみです。F様の60代は初めての結婚生活です。早くコロナウィルスが収束して、お二人で色々な所へお出かけできると良いですね。

60歳初婚男性の結婚相談所のお見合い体験談、いかがでしょうか。60代で結婚経験がなくても、気にすることはありません。

ぜひお気軽にお問合せください。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

立花 えりこ(ブライダルゼルムアドバイザー)

㈱Bゼルム代表取締役。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活情報を本ブログにて発信中。昨今はシニア婚活有識者として、様々なメディアでも話題。『現代ビジネス』田原総一朗氏との誌上対談、【今年中に絶対結婚できるTV】講師役としての出演など。2019/4月より、小学館【oggi.jp】で婚活コラム執筆中。メディア取材履歴はこちら

プロフィールページ